陸っぱりコウイカエギングで食べごろサイズの本命キャッチ【合津港】

陸っぱりコウイカエギングで食べごろサイズの本命キャッチ【合津港】

合津港(熊本県上天草市)のコウイカが食べごろサイズになってきた。エギで底を軽く誘うだけで、200~300gが簡単に釣れる。12月6日に釣行したコウイカエギングの様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

合津港でコウイカエギング

合津港のコウイカは秋から冬がシーズン。エビの泳がせ釣りやエギングで狙う。序盤は100g前後と型は小さいが、ひと潮ごとに大きくなる。

午前6時前、山本釣具センター大矢野店に寄り、エギなどを購入。コウイカの釣況をたずねると、「マヅメや夜のほうが釣れる確率が高い」と言う。朝マヅメに向け、急いで現地へ向かった。

陸っぱりコウイカエギングで食べごろサイズの本命キャッチ【合津港】広域略図(作図:週間つりニュース西部版 APC・松田正記)

コウイカエギングのタックル

まずは3.5号のオレンジ系を投げた。着底後は大きく2段シャクリを入れ、10秒ほどステイ。これを4、5回繰り返したが反応がないので、エギをチェンジ。今度はゆっくり沈むドローフォー3号のピンク系にし、誘いを小さくしてみた。

陸っぱりコウイカエギングで食べごろサイズの本命キャッチ【合津港】タックル図(作図:週間つりニュース西部版 APC・松田正記)

1投目から200gがヒット

その1投目だった。ずっしりとした重さが伝わり、ゆっくりリールを巻くと、200g前後のコウイカが姿を見せた。しかし、取り込みの寸前にバラしてしまった。

同じ要領でさらに誘いを小さくすると、すぐに乗った。イカはグイグイと沖へ泳ぐが、無理をせずに慎重に寄せると、200g前後が浮上した。釣れるパターンをつかみ、200~300gを3尾追加。

陸っぱりコウイカエギングで食べごろサイズの本命キャッチ【合津港】200~300gを連発(提供:週間つりニュース西部版 APC・松田正記)

ヒットはマヅメ時に集中

このまま勢いに乗るかに思えたが、日が高くなるとアタリはぴたりと止まり、8時ごろに納竿した。

現地のコウイカは2月ごろまで狙え、400g前後も交じるようになる。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
合津港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。