【中部】初釣りオススメターゲット:名古屋港ライトゲーム ヒイカ&根魚狙い

【中部】初釣りオススメターゲット:名古屋港ライトゲーム ヒイカ&根魚狙い

冬が深まるにつれて釣り物は少なくなるが、私の住むエリアの名古屋港は、まだまだ楽しめる獲物がいる。2020年オススメの初釣り物として、ライトゲームを紹介しよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港でライトゲーム

ウルトラライトタックル1本を持ち、1.5号ぐらいのエギと1g前後のジグヘッドワーム、5cm前後の小さなプラグをタックルバッグに詰め込めばOK。

もちろん防寒着とライフジャケットなど身支度は忘れずに。

ひと口に名古屋港といっても広いが、今回は車横付けで楽しめる金城ふ頭の南端にある2つの凹みエリアだ(名古屋市港区金城ふ頭3丁目)。このエリアは、毎年11月になるとヒイカを狙った釣り人たちでにぎわう。2019年は少々遅れているようなので、新年の狙いものにもなりそうだ。

ヒイカの狙い方だが、投光器を使う釣り人が多いが、私はキャストして広く探っている。常夜灯や停泊船の近くなどがポイントだ。

名古屋港ライトゲームの釣り方

まずは1.8号のエギをフルキャストして底を取り、緩い誘いで底周辺を丁寧に探ることから始める。それで反応が出たら、少しずつ上ずった層を探ってみたい。

このヒイカにおびき寄せられたフィッシュイーターがいることもある。小さなセイゴやタチウオたちだ。これらを狙う場合は、キャストして、底近くからテンポ良くトゥイッチなどのアクションを入れて飽きさせないように心がけるといい。

そしてセイゴやタチウオ、ヒイカの反応がない場合は、おさえの根魚がいる。金城ふ頭周辺はメバルが少ないので、カサゴやタケノコメバルを狙うといい。

狙い方は、底取りを感じられるギリギリの軽いウェイトで足元の護岸際から探り始め、横移動をして探る。必ず魚からの反応が返ってくるはずだ。真冬のウォーキング気分で、寒い夜でもたくさん歩くことができるだろう。

【中部】初釣りオススメターゲット:名古屋港ライトゲーム ヒイカ&根魚狙いヒイカやカサゴなどが狙えるhow

注意点

注意点としては、心ない人が捨てた空き缶などにつまずかないように気をつけてほしい。当然のことだが、空き缶やたばこの吸い殻を捨てない釣り人になってほしい。

以上、お手軽な金城ふ頭エリアのナイトフィッシングのご紹介。今回紹介した釣り物はワンタックルで狙えるので、お気軽ナイトウォーキングを安全に楽しんでほしい。

<週刊つりニュース中部版版 APC・土屋英孝/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
名古屋港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。