サーフフラットゲームでまさかのヒラメ数釣り 50cm頭に7匹【伊勢湾】

サーフフラットゲームでまさかのヒラメ数釣り 50cm頭に7匹【伊勢湾】

今シーズンは伊勢湾のサーフゲームが絶好調。ヒラメの数釣りが楽しめる。50cm頭にヒラメ7尾。さらには70cmの大判サイズの実績もアリ!今季は、伊勢湾のサーフゲームがアツい!

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース中部版 APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

伊勢湾サーフゲームが熱い!

伊勢湾のサーフゲームが熱い。夏から続いている青物フィーバーこそやや収束に向かっているが、例年であれば狙っていてもなかなかお目にかかれない高級魚のヒラメが釣れ続けている。また、ブリやサワラのメータークラスもキャッチされており、今年は各地の海岸でお祭り騒ぎ。

私も11月11日の釣行では、開始15分でザブトンサイズと言われる70cmの大型ヒラメをキャッチ。翌日12日も釣友と一緒に、三重県伊勢市近郊の海岸へと早朝から釣行した。

サーフフラットゲームでまさかのヒラメ数釣り 50cm頭に7匹【伊勢湾】前日に70cmザブトンヒラメ手中(提供:週間つりニュース中部版 APC・橋本広基)

当日のタックル

ポイントにはうっすらと朝日が照らし始めた午前5時半に到着。さすが絶好調の釣り場、海岸線には見える範囲で30人程度の釣り人がすでに釣り座に着いている。

早速タックルを準備。大型魚のヒットも想定されるが、ロッドは障害物の少ないサーフゲームということで、シーバスロッドを使用。メインラインは遠投性を考慮し、やや細号数ではあるがPEライン0.8号にフロロカーボンリーダーの4号を結束。ルアーは20~40gのメタルジグに加え、シンキングミノーやワームを使用。遠投性に加え、ルアーの操作性に重点を置いたややライトなセッティングだ。

サーフフラットゲームでまさかのヒラメ数釣り 50cm頭に7匹【伊勢湾】タックル図(作図:週間つりニュース中部版 APC・橋本広基)

キャストを開始。波打ち際では50cm程度のサゴシや青物が、エサの小魚を追い回している様子が視認できる。周りの人がポツポツとキャッチしていくなか、私にはアタリはあるもののなかなかヒットまで持ち込めず、歯車が合ってこない。

10時過ぎにヒラメの時合い到来!

朝の時合いも終わり、私は泣く泣く出勤のため納竿。しかし、この日は一緒に釣行していた釣友に、この後ヒラメ祭りが待っていた。多くの釣り人が帰宅した10時すぎから立て続けにアタリが集中し、55cmを頭に7匹。サーフヒラメゲームでまさかの数釣りとなった。

サーフフラットゲームでまさかのヒラメ数釣り 50cm頭に7匹【伊勢湾】ヒラメを手中に(提供:週間つりニュース中部版 APC・橋本広基

浅瀬の高活性個体を狙い撃ち

アプローチは海岸線を数投ごとにカニ歩きし、シンキングミノーで浅瀬まで寄ってきている高活性の個体を手返しよく狙っていく。またアクションはいったん底を取ってから、ルアーが一定速度で泳ぐことを意識し、底から離れすぎないことに注意したとのこと。ルアーを豪快にひったくる爽快なアタリが連発。グワングワンと波打つような重量感のある引き味は、たまらなかったと連絡をもらった。

サーフフラットゲームでまさかのヒラメ数釣り 50cm頭に7匹【伊勢湾】釣友の山岡さんの釣果(提供:週間つりニュース中部版 APC・橋本広基)

伊勢湾の今後の展望

そして、今後もまだまだ沿岸部には、大型魚のエサとなる小魚が視認できるため、このようなお祭り騒ぎはまだまだ続くことが予想される。今年の伊勢湾は本当に熱い。海岸でのサーフゲームに足を運んでみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
伊勢湾
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年12月06日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。