オフショアジギングで90cmヒラマサ含み怒涛の青物ラッシュ【福岡】

オフショアジギングで90cmヒラマサ含み怒涛の青物ラッシュ【福岡】

10月末、ヒラマサをメインターゲットとして、オフショアジギングへ。開始直後は苦戦したが、移動後は90cmに迫る良型ヒラマサを皮切りに青物ラッシュ!ラスト1時間には、良型のサワラもヒット。全員安打の釣行となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

箱崎漁港からヒラマサジギングへ

午前7時に福岡市の箱崎漁港を出船。数日前から好釣果をキープできているエリアから攻めることにし、1時間ほどで最初の釣り場に到着。

オフショアジギングで90cmヒラマサ含み怒涛の青物ラッシュ【福岡】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

船を流す前に軽く魚群探知機で反応を探ってみると、ベイトは多く居着いているようで、期待がもてる。すると、幸先よくいきなりのダブルヒット。50cm程度のヒラゴサイズではあるが、最初に釣果がでるのとでないとでは大違い。気持ちの面で後が楽になってくれることを思えば、まずまずのスタートだ。

嬉しいゲストに70cmヒラメ登場!

直後に、本命ではないものの70cmほどのヒラメも追加した。この後は、瀬や魚礁からなる各ポイントをラン&ガンしながら沖へと船を進めていき、時折ヤズが連発するが、本命のヒラマサのヒットはなし。

オフショアジギングで90cmヒラマサ含み怒涛の青物ラッシュ【福岡】70cm級のヒラメ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

移動後に良型ヒラマサ登場!

潮止まりということもあって、ここからしばらくは沈黙状態が続いたので、正午をまわったところで思い切って釣り場を変更することにした。

これが功を奏して、移動後のポイントですぐにヒット。ようやくヒラマサと呼べる待望のサイズをキャッチできた。

もう一度同じポイントを流してみると、今度はさらなるサイズアップを期待させるほどの引きを見せる手応え。少しドキドキしながらスリリングなファイトを見守り、無事にネットインしたのは90cmに迫る良型ヒラマサ。釣り上げた本人も、息を切らしながらも喜びを爆発させていた。

オフショアジギングで90cmヒラマサ含み怒涛の青物ラッシュ【福岡】90cmのヒラマサを手中に(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

ここからは怒涛(どとう)の展開となり、行く先々で何かしらの魚がヒットする状況。今の時期はどうしてもヤズやハマチサイズが多くなってしまいがちで、この日も3~5kgサイズが連発。ダブルやトリプルヒットは当たり前な状況が続き、6人全員に同時ヒットすることもあり、私はランディングやシメの作業で大慌て。一気に船上はお祭り騒ぎとなり、しっかりとヒラマサを追加することができた。

ラスト1時間でサワラ2本追加

全員お土産を十分に確保できたところで、ラスト1時間はヤズやハマチサイズが少ないポイントをいくつか回り、良型のサワラを2尾追加。一時はどうなることかと肝を冷やしたが、無事に全員に釣果を得てもらうことができ、午後4時にストップフィッシングとなった。

オフショアジギングで90cmヒラマサ含み怒涛の青物ラッシュ【福岡】良型のサワラをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
出船場所:福岡市箱崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。