相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】

相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】

11月15日(金)、相模湾小坪の太郎丸から、釣友の佐藤さんを誘って中深場釣りに出かけた。ターゲットはもちろん、美味しいキンメとクロムツだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

太郎丸でキンメ&クロムツ釣り

この日は、同行者を含め半数近くが、この釣り初挑戦。船宿のレンタルタックルと仕掛けを使用。

相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】太郎丸の船着場(作図:週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆)

出船前、船上で高橋船長のレクチャーが行われる。エサのハリ付け~マグネットに並べる方法、投入~底の取り方、アタリの見極めまで詳しく親切丁寧に教えてくれるので、初心者でも安心。

相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆)

船中初キンメは3点掛け

6時、11人を乗せて出港。1時間ほど走ってポイントの沖の瀬に到着。「水深420mです、右ミヨシの人どうぞ。はい、次の人どうぞ…」といった具合に、絡み防止のためこのように少し間を置きながらミヨシ側から順に投入。船長の経験から、潮の流れを読み、魚がいる場所に全員の仕掛けが入るよう、慎重に操船。

しかし、ひと流し目はアタリなし。潮が速く、仕掛けが落ち着かない。ふた流し目と3流し目も同様だったが、そんななか、右舷トモの進藤さんが6本仕掛けにキンメ3点掛け。

相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】進藤さんは本命3点掛けに笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆)

潮が緩むと船中キンメ連発

第4投のころになると、少し潮が緩んで釣りやすくなる。すると、船中あちらこちらで着底後にアタリが出る。右舷トモ2番の坂本さんに良型のキンメ。

相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】坂本さんに良型のキンメがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆)

左舷胴の間の内海さんは、船宿で購入した8本仕掛けに4尾。

相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】内海さんは4点掛(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆)

圧巻のちょうちん行列キンメ8点掛けに成功

左舷トモの井口さんは、圧巻の良型8点掛けを披露。仕掛けはミキイト18号、枝間1.5mでハリスは8号70cm。ともにナイロン素材の10本バリ仕様。下バリ2番目にホタルイカを付けると、それにも食ってきたと話す。

相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】井口さんは8点掛けに成功(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆)

ゲストにスミヤキ

さて、私と佐藤さんはというと、手前マツリがひん繁に起こり大苦戦。原因はハリスの細さ。イシダイ用で余っていた14号で作成したので細いぶん、張りが弱く風に吹かれて揺れるため、投入前にごちゃごちゃ絡んでしまう。さらに、海中でも絡んでいるようだ。

「これではマズい」と思い、5投目から佐藤さんには船宿仕掛けを勧める。すると、これが大正解。着底後、待望のアタリ。期待を込めて巻き上げるとスミヤキ。船長から「その魚、見た目はあまりよくないけど、美味しいよ」といわれ、クーラーボックスにキープ。

相模湾の『中深場釣り』で高級魚キンメダイの8点掛け披露【太郎丸】佐藤さんはスミヤキをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆)

ミキイトは太め18号を

正午すぎ、船は大きく城ヶ島沖へ移動。ここはクロムツが好調とのこと。しかし、潮が動かず、ポツポツと上がって14時に沖上がり。

私は、自作仕掛けの失敗により、本命を釣ることができずに終わってしまった。次回は、井口さんの仕掛けを見習い、ミキイト18号でリベンジしようと思い帰路に就いた。

<週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
太郎丸
出船場所:神奈川県逗子市小坪
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年11月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。