ボートジギングでブリ狙い 活性と釣魚サイズは反比例?【明石沖】

ボートジギングでブリ狙い 活性と釣魚サイズは反比例?【明石沖】

前回の釣行でブリと思われる大型魚のヒットがあったものの、道糸からブレイク。その悔しさを胸に、リベンジ戦となるボートジギングゲームへ出かけてきました。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山 明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

モーニングハマチをゲット

ボートジギングでブリ狙い 活性と釣魚サイズは反比例?【明石沖】42cmがヒット(提供:WEBライター・丸山 明)

何投かしていると、なんとなくジグに魚が触っているような感覚が出ます。魚探にはベイト反応があるので、潮が効き始めれば食いに変わってくるだろうと予想を立てて、ボートを潮上に持っていくと、3流し目に食ってきました。

フォールを入れて巻くとズンとボトムから少し上で重みが出ます。アベレージサイズの42cmモーニングハマチが上がりました。

ハマチが連発!

潮の流れが出て食い気が出てきたようで、ハマチが続きます。着底後大きくロッドをあおり、少しフォールさせたところに食ってきました。これは、少々歯ごたえのある引きをしますが、ブリ狙いのタックルでは難なく巻き上げられます。それでも48cmでした。このくらいになると、体高も出てきて立派な姿。

アタリが出てくるのは、50mからのカケアガリにある30m~40mの岩礁帯の周辺に集中します。ベイトの反応も多いので、青物の群れも集まっているようです。

ボートジギングでブリ狙い 活性と釣魚サイズは反比例?【明石沖】ハマチを追加(提供:WEBライター・丸山 明)

活性と釣れるサイズは反比例

どうやらハマチの数が多く、ブリどころかメジロも姿を見せません。それか、時合いになると育ち盛りのハマチが我先に食ってしまうのでしょうか。

群れが大きいほど、エサに対する競争が起きるで、メジロやブリの大型より素早いハマチが釣れるようです。

当日の最終釣果

ボートジギングでブリ狙い 活性と釣魚サイズは反比例?【明石沖】釣って楽しく食べて美味しく(提供:WEBライター・丸山 明)

前回に続き、当日もブリの姿を見ることができませんでしたが、それでも9時半ごろには、ハマチが5匹も釣れていました。イケスから出し、下処理をして10時前に、沖上がりで帰路につきました。朝の狙った潮で、おいしいハマチを楽しめました。

ジギングの面白さは静で待つ釣りとは違った、大きくアクションさせるロッドと同時にリールを操作して、釣り人の動きを「ドンッ」といきなり止めるようにジグに食って来る魚のアタリ。そして、シンプルなタックルが魚の動きをダイレクトに伝え、体力勝負のファイト。

次の大潮周りで、ブリへ再チャレンジを予定しています。

<丸山 明 /TSURINEWS・WEBライター>