『ステファーノグランプリ』予選参戦レポート 連日の総合優勝を達成

『ステファーノグランプリ』予選参戦レポート 連日の総合優勝を達成

カワハギトーナメント「ステファーノグランプリ」。東京湾剣崎A・B予選が11月8日(金)と9日(土)に開催された。決勝の舞台を目指し、私も参戦した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・田中義博)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

剱崎・松輪地区B予選

翌9日のB予選もエントリーしていたためオープン参加。くじ引きで瀬戸丸の左舷トモ2番に決まる。前日の船の流れからすると、絶好の席を引き当てたこととなる。この日の参加者は108人。前日同様、5隻に分かれて7時に出船。

操船は鈴木昌士船長。他船から離れて間口港沖で船が止まる。「水深は12mから徐々に深くなります。下げ潮が速いですし、海底は起伏が激しいので、釣り方には注意してくださいね」と分かりやすいアナウンスでスタート。

ひと流しで2尾キャッチ!

この日も私は縦の釣りでスタート。船はトモ方向へ速く流れて、ポイントの上にいる時間は短い。そこで、普段は横の釣りで吸い込みのよさを促す意味で使用する10cmのハリスをチョイス。

前日同様の釣り方ながら、エサの動きの幅を大きくしつつ、付けエサはゆっくり動くイメージで、カワハギにアプローチしていく。この日も読みが当たり、周りが沈黙する中、ひと流しで2尾キャッチ。潮流の速さでハリスが張り、吸い込みのよさが効いたのだろう。

正午までに6尾の釣果

しかし、その後は下げの流れが、さらに速くなり、オマツリが多発したため、船は毘沙門沖へと大きく移動する。

前日の経験から、横の釣りへチェンジ。ポツポツながら潮先の有利を得て、本命の数を伸ばしていく。前日と比べてエサの追いは悪く、掛かりが浅いのか、バラシが多かった。正午までに6尾。船中では型を見ていない人がいるほど低活性だ。

最終釣果は13尾で船中トップ

下げの潮流が緩んだ最後の1時間。船長が選んだのは灯台下と呼ばれる実績エリア。根がきついエリアから平場にかかる場所で、キャストしての横の釣りで組み立てる。

付けエサを魚に見せてカーブフォール。その後のゼロテンションででるアタリに反応、ここで29.5cmを頭に良型ばかりを連続で7尾。まさに「ゾーンに入った」釣れ方で13尾を手にした。

結果は同船でトップ。私は前日の権利があるため、2位の6尾の人から3人が決勝への切符を獲得した。

『ステファーノグランプリ』予選参戦レポート 連日の総合優勝を達成筆者の釣果の一部(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田中義博)

B予選でも総合優勝

下船後の表彰式では、総合順位が発表され、なんと私はこの日も総合優勝。決勝大会に取っておきたいような内容だった。

『ステファーノグランプリ』予選参戦レポート 連日の総合優勝を達成剣崎・松輪地区B予選上位入賞者(提供:週刊つりニュース関東版 APC・田中義博)

決勝大会は12月上旬。今回の予選同様、剣崎沖を舞台に開催される。予選とは状況が変化すると思うので、気持ちを新たに、イチから組み立てて決勝の舞台にのぞんでいきたい。

<週刊つりニュース関東版 APC・田中義博/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
瀬戸丸 
出船場所:松輪江奈港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年11月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。