台風被害を受けた都市河川で『オイカワ』を探す 毛鉤に元気よく反応!

台風被害を受けた都市河川で『オイカワ』を探す 毛鉤に元気よく反応!

東日本を中心に甚大な被害をもたらした台風19号と、その後の大雨から1か月が経過。愛すべきオイカワたちは元気だろうか。11月9日と12日、埼玉県川越市の小畔川でオイカワを探った。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・小島 満也)

小島満也
小島満也

淡水小物、トラウト、バスを追うテンカラアングラー。週末は「裏の川」にいます。埼玉県在住。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

3日後に再釣行

12日の再訪は単独釣行。9日の続きのような形で、東武東上線鉄橋から下流、県道川越越生線に架かる金堀橋までの間で、毛鉤を振った。

前回釣行の場所と打って変わって、金堀橋前後の釣り場は両岸に植物が生い茂った自然河川。遊歩道は水辺から離れ、土手の上に整備されているのでキャスト時、背後を気にする必要はない。

ライズがあった渕尻やトロ場を釣った前回と違い、水深の浅い瀬を重点的に狙ってみる。夏場のポイントだが、活性が高まっていれば、瀬でも出るはずである。

婚姻色の美しいオイカワと戯れる

金堀橋上流は、小さい底石の長いチャラ瀬が続く。瀬頭に立ち、斜め下流にキャストしてダウンストリームで毛鉤を流す。アタリがなければ、数歩下って同様なキャストを反復するつもりでいたが、この日のオイカワは驚くほどの高活性。

キャストの度にコツコツと手元に魚信が伝わってくる。ときおり、「グン!」とラインを引き込む衝撃的なアタリもでたほどだ。ところが、完全に咥えきれないのかフッキングまでには至らない。

下流に流し切り、直線状になったラインを、竿を徐々に立てながらピックアップの態勢に移る。すると、「ブルブル」と穂先を揺らしてやっと針掛かり。うっすらと婚姻色を残した美しい魚体だ。

その後、同じ場所で飽きない程度にヒット、リリースを繰り返し、正午近く、強風が吹き始めたのを機に、竿をたたんだ。

サカナの生命力に感銘

台風被害を受けた都市河川で『オイカワ』を探す 毛鉤に元気よく反応!9日吉田橋付近で釣ったオイカワ(提供:WEBライター・小島 満也)

台風19号などによる洪水で小畔川も土手がえぐれたり、護岸など河川構造物も一部で損壊するなどした。増水時におけるワンドなど、魚類の避難場所が乏しい都市河川の小畔川。

ところが、愛すべきオイカワたちは自らの生活に影響を受ける洪水後も、従来どおり反応してくれた。改めてオイカワの逞しさを感じることができた2度の釣行であった。

ただ一つ、疑問に思ったのは、混成するカワムツが一尾も釣れなかったこと。これはオイカワとカワムツの遊泳力の差なのだろうか。

<小島 満也/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。