秋磯フカセ釣りで本命グレ不発も35cm頭にシマアジ15匹【和歌山】

秋磯フカセ釣りで本命グレ不発も35cm頭にシマアジ15匹【和歌山】

秋磯シーズン本番ということで、11月5日は、和歌山は串本の袋へフカセ釣りを楽しみに釣行してきました。残念ながら本命のグレは良型が出ませんでしたが、予期せぬシマアジの連発で、おいしいお土産をしっかりゲットできた釣行となりました。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・入江信司)

tsurinews編集部関西

tsurinews編集部関西の担当記事を読む
×閉じる

海釣り 磯釣り

かわばた渡船で秋磯フカセ釣りへ

秋磯本番、久しぶりの磯釣りということで、まずは気合いを入れてまきエサを準備します。前日に、近くの釣具店でオキアミ3kgを2枚と配合材のV9とTRとグレのりを購入し、ここに自家製パン粉とヌカ1kg入れて、まきエサを練りました。さしエサはGクリルLを2個と特鮮むきエビを持って行くことにしました。

今回、お世話になったかわばた渡船は、前日の夕方に必ず出船確認が必要になります。船長から「明日は出るよぉ~」と言われ、しっかり道具の確認をして、とりあえず仮眠をします。そして午前1時50分に、釣友の岡田くんと一緒に尼崎の自宅を出発しました。湾岸線から阪和道を南下してすさみ南で下り、そこから30分ぐらいで渡船店に到着です。

モブシの親に渡礁

船長にあいさつをして状況を聞いたら、「グレより、シマアジがよく釣れてるよぉ」とのこと。ヨシと気合いが入ります。船は5時40分に港を出ました。この日の磯は、予約していたモブシの子、「楽しみやなあ」と思っていたら、船長から「入江さ~ん、モブシの親空いてるから行く?」と声がかかりました。すぐに「親に行きたいっ」と返しました。

10分ぐらいでモブシの親に着いて、気持ちは「ハッスル♪ハッスル♪」沖向きに二人並んで釣り座を構えることにしました。この日の仕掛けは、サオが5.3m の1.25号でリールはテクニウム3000番、ミチイトはアトミックスライダーイエローグリーン1.5号、ハリスはガイアの1.5号、ハリはTKO4~6号、ウキは3B、2B、0号、ガン玉G7~2Bまで使用しました。

秋磯フカセ釣りで本命グレ不発も35cm頭にシマアジ15匹【和歌山】筆者の釣り姿(提供:WEBライター・入江信司)

開始早々シマアジ34cm

1投目は、サオ2本ぐらいの沖にウキ下2ヒロ半で投げ入れてスタート!が、いきなりエサを取られてしまいます。「エサ取りがたくさんいるなあ」と思い、さしエサをオキアミからむき身に変更、2投目もサオ2本ぐらいの所に投入しました。そしたらウキがスパッと入ります。「なんかよく引くなあ」と思っていたら、姿を見せたのはシマアジ34cmでした!

シマアジ15匹を手中

「今日はいけるっ!」と思って何回もタナをかえエサをかえて釣っていきました。が、28cmまでのグレはたくさん釣れたけれど、大きいのは釣れず、撃沈してしまいました。でも、シマアジは26~35cmを15匹釣ることできました!やっぱり串本袋の磯は楽しいです!

秋磯フカセ釣りで本命グレ不発も35cm頭にシマアジ15匹【和歌山】私とシマアジ(提供:WEBライター・入江信司)

グレ開幕!シマアジもまだ有望

グレ釣りはこれから6月までロングランで狙えるので、皆さんも串本袋に出かけてみてください!まだまだシマアジも狙えそうです。シマアジはほんとにおいしい魚なのでおすすめの魚種です。

<入江信司/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
かわばた渡船