テンヤタチウオ釣りで指5本級 カナトフグに苦戦も大型連発【栄福丸】

テンヤタチウオ釣りで指5本級 カナトフグに苦戦も大型連発【栄福丸】

10月26日、大分市・乙津港の栄福丸を利用して、松葉さんとドラゴンタチウオを求めて釣行。始めはカナトフグに苦戦するも、後半、潮が流れ始め、大型のドラゴンタチウオが好調だった。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ドラゴンタチウオ求め栄福丸へ

午前5時にさとう釣具店に集合して釣座抽選を行い、左舷船首に私、次に松葉さんと決まり、船着き場に向かった。

テンヤタチウオ釣りで指5本級 カナトフグに苦戦も大型連発【栄福丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

船に荷物を積み込み、氷とエサのイワシを受け取り、5時20分に出港した。1時間30分ほど走り、釣り場に到着。船外に出ると風が少し吹いているが、波は気にならない。各自釣座に行き、釣りの準備をして船長からの合図を待つ。満潮は6時40分なので、潮の流れは遅いようだ。

厄介者カナトフグとの戦い

船長は慎重に群れを探し、釣りダナ110~140mの指示が出ると釣り開始。PEラインの10mごとの色分けを確認し、確実にタナまで仕掛けを落とし、電動リールで巻き上げているとアタリがあり、アワせるとハリ掛かりした。

しかしタチウオのような強い引きがないので、もしやと思いながら釣り上げると、やはりカナトフグだ。次の仕掛け入れでは水深40m付近で落下が止まり、PEラインを切られた。今回もカナトフグとの戦いになりそうだ。

仕掛けがタナに届き、何とかタチウオをハリ掛かりさせても巻き上げ中にミチイトを切られるので、船長にカナトフグ掛けをしたいと話し、許可を得たので市販のハゲ掛けをセットして30mほど落とし、フグがエサを食べにきてコツコツとアタリがあると大きくサオを上げてアワせ、ハリ掛かりさせる。

3尾ハリ掛かりさせたら再びPEラインを切られたので仕掛けを取り替え、水面から50cmほど仕掛けを沈めて、浮いてきたフグを掛けるとPEラインも切られない。

5尾追加したところでフグの姿が見えなくなった。潮が動き始めたようで、水深70mまで沈めてもフグが寄ってこないのでタチウオ釣りを始めることにする。

本命タチウオ浮上

タナ140mに仕掛けを落とし、巻き上げると125mでアタリがあり、アワせると一発でハリ掛かりした。引きも良く、釣り上げると指幅5本級の良型だ。時計を見ると9時50分だ。

テンヤタチウオ釣りで指5本級 カナトフグに苦戦も大型連発【栄福丸】大型を手中に(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

ほかの人も釣れていて、良型が多い。タチウオは仕掛けを入れるごとにアタリがあり、釣果が伸びているが、時々巻き上げ中にハリ掛かりが悪いのかハリ外れする。

タチウオの活性が高いときは、巻きスピードが遅いと食い込みが悪いときがあるので、少し巻きスピードを上げ、大きくサオを上げたり誘いをかけると良い。巻きスピードを上げて釣ると、がっちりハリ掛かりして、ハリ外れが少なくなった。

大型ヒットもバラシ

もう一つの猛追テンヤでは、リールを一定のスピードで巻き上げるだけ。アタリがでてもアワせず、そのまま巻いているとサオ先を引き込むアタリがあり、ハリ掛かりする。

テンヤタチウオ釣りで指5本級 カナトフグに苦戦も大型連発【栄福丸】本命をキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

11時ごろ仕掛けを食い上げるアタリがあり、急いでリールを巻き、アワせると強烈な引きが始まった。10mほど巻いたとき、再度がっちりハリ掛かりさせようと思い、大きくアワセをするとPEラインが切れてしまった。少し傷が入っていたのであろう。大型の引きだっただけに残念である。

良型タチウオ船中連発

正午前、再び潮の流れが遅くなったが、カナトフグは出てこない。順調に釣果を伸ばしており、楽しい釣りをしている。

テンヤタチウオ釣りで指5本級 カナトフグに苦戦も大型連発【栄福丸】船中タチウオ釣りを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

本当にカナトフグがいないとタチウオは釣れる。午後1時、お土産も十分できたし、釣りを終了することにした。

なお、フグ掛けをするときは必ず船長の許可をもらうように。まだフグはいるので、テンヤと予備のイトを持参した方がいいだろう。

同船ではイサキの良型も釣れており、皆さんも釣行されてみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
栄福丸
出船場所:乙津港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。