『タルイカゲーム』シーズン本格化 16kg頭に10kg級超え連発!

『タルイカゲーム』シーズン本格化 16kg頭に10kg級超え連発!

タルイカが開幕してしばらく、一気に釣果が上がり始めた。10月23日、福井県敦賀市にある敦賀港の一美丸でのタルイカゲームをレポート。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

一美丸でタルイカゲーム

『タルイカゲーム』シーズン本格化 16kg頭に10kg級超え連発!乗船した一美丸(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

一美丸は敦賀港を出船、ポイント到着は午後5時。集魚灯が点灯し釣りが開始された。

日中は沖の深場にいるタルイカは、夜になると浮上し、沖の上層を回遊したのち、明るくなる前に再び沖の深みへ戻る。

同船の北野船長は、タルイカがこの移動の際に通るであろうカケアガリを狙っていく作戦だ。

ロッドブレイクしながら16kgタルイカ!

そして、午後7時すぎ、右舷中ほどにいた今村さんのロッドを突然豪引が襲った。猛烈な勢いでラインが出され、ファイトが始まる。

だが、直後に弾けるような音が響いた。なんとロッドブレイクだ。しかし、カンナはまだタルイカの足を捉えている。ファーストランが止まったところで、今村さんは反撃開始。

リールを下に突き出しては、手前に寄せるポンピングを駆使し、ライン一本でモンスターと渡り合う。大波のように押し寄せるタルイカの抵抗が終わり、やがて巨大なボディが海面に現れた。上がったのは16kgに迫る大物だ。

『タルイカゲーム』シーズン本格化 16kg頭に10kg級超え連発!今村さんはライン1本で15.82kg勝負を制した(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

10㎏超えタルイカ続々浮上!

開始早々のモンスター登場に、船中色めき立つ。だが、そうやすやすと釣り人の期待通りにいかない。

次なるモンスターの出現はいつかと思いを巡らせ始めた時、答えはいきなり帰ってきた。

午後7時半、右舷と左舷で同時にロッドが曲がる。ヒットさせたのは毛利さんと井口(弟)さんで、タナはともに50m。ペアで行動するタルイカの典型的な連打だ。

潮が左舷から右舷へと流れるため、左舷の井口(弟)さんはラインが船下に入り込む。すぐに、北野船長が井口(弟)さんを右舷に誘導。この作戦が奏功し、真っ赤な巨弾は2弾とも無事取り込まれた。

『タルイカゲーム』シーズン本格化 16kg頭に10kg級超え連発!井口(弟)さん14.38kgのモンスターを手中に(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

さらに、この後もヒットが続き、上がったタルイカは全て10kgオーバーの輝かしい戦績で沖上がりを迎えた。

『タルイカゲーム』シーズン本格化 16kg頭に10kg級超え連発!井口(兄)さんも10.04kgをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

今後の展望

いよいよ本格化した敦賀沖のタルイカゲーム。

『タルイカゲーム』シーズン本格化 16kg頭に10kg級超え連発!稲川さんの10.66kg大ダル(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

今期はとにかくサイズがでかい。レコード更新を狙うなら、またとないチャンス。ぜひ敦賀沖に通い、夢をかなえてほしい。

『タルイカゲーム』シーズン本格化 16kg頭に10kg級超え連発!タルブリッドが大活躍した(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

<週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
一美丸
場所:福井県・敦賀港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。