秋の沖波止を満喫 指4本級タチウオに25cmアジ!【第8防波堤】

秋の沖波止を満喫 指4本級タチウオに25cmアジ!【第8防波堤】

秋のトップシーズンも終盤に差し掛かってきたが、今年の大阪湾は、回遊魚の大フィーバーが今なお続いている。11月最初の連休に、第8防波堤で回遊魚フィーバーに遅まきながら参戦してきた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・伴野慶幸)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

11月2日は不発も収穫あり

11月2日は神戸・和田防波堤に朝4時に渡ったが、結果的には中サバとミニガシラのみで不発。しかし収穫もあった。

夜明け前のモーニングサービス狙いのタチウオ釣りが好反応、フッキングには至らずも、群れが回ってきていることを確認。ハマチを仕留めたルアーマンやウキサビキで中アジを釣った人もいて、神戸港一帯では回遊魚のチャンスありと、翌日の出直し釣行を決めた。

11月3日は神戸・第8防波堤に

翌日3日、正確には前夜23時前に、松村渡船の休日用乗船場に到着した。回遊魚大フィーバーの渦中のため、出船時刻は特別ダイヤが編成されている。船長も「うーん、もう何が0便かわかりませんね」と苦笑する始発便は、一足先に出船済み。人気のポーアイ沖とミニ波止には、すでに複数の渡船店が多数の釣り人を渡していて、空き場所も少ないとのこと。

タチウオとノマセ釣りが狙いと船長に相談した結果、第8防波堤に釣り場を決め、23時30分ごろ出船の便に乗り込んだ。渡船は各波止を回っていくが、私の渡った8防は幸いなことにまだ十分に場所が空いていて、狙いの南端に釣り座を確保できた。

秋の沖波止を満喫 指4本級タチウオに25cmアジ!【第8防波堤】8防の釣り場風景(提供:WEBライター・伴野慶幸)

釣り場と松村渡船

今回釣行した神戸第8防波堤は、ポートアイランドの東側に位置する南北400mほどの防波堤で、足場がよく、海面からの高さも4m余りと安全で、回遊魚、根魚、ヘチ・落とし込み釣りでのチヌと釣り物が豊富な好釣り場だ。

しかし残念なことに、神戸港港湾計画による航路拡張のため、来年度以降数年以内の完全撤去が決定している。今回私が釣り座を構えた南端の先には、第一期撤去工事の区画として立ち入り禁止の柵が設置されている。完全撤去までの限られた期間、これからも8防での釣りを楽しみたい。

秋の沖波止を満喫 指4本級タチウオに25cmアジ!【第8防波堤】立ち入り禁止場所も(提供:WEBライター・伴野慶幸)

今回利用した松村渡船は、質、量ともに情報が充実しているのが強みだ。ホームページとブログで積極的に情報発信しており、乗船場では船長から貴重な直前情報が聞ける。

この日は、「イワシが回遊魚のベイトとなっている」、「タチウオはエサ釣り、青物はルアーが有利」、「ノマセ釣りは難しいかもしれないが、25cmを超えるデカアジが近辺に回っていて、ウキサビキに掛かってくる」といった情報を教えてくれた。釣況は悪くなさそうだ。

なお、このエリアの沖防波堤に渡す渡船店は複数あるが、出船場所や出船時間が随時変動するので、各店のホームページなどで釣行前に要確認。乗船時には救命胴衣を着用のこと。

決め手は冷凍イワシと青色ケミホタル

当日の作戦は、深夜は電気ウキ釣り、夜明け前後はテンヤの引き釣りでタチウオ狙い、日中はウキサビキで小アジを確保してからの青物狙いのノマセ釣りというローテーションだ。

電気ウキ釣りは、世間一般のオーソドックスなタチウオタックルで、ミチイトの先には、ワイヤーリーダーに1本バリのワイヤーハリス仕掛けを接続する。タチウオテンヤもMサイズのオーソドックスなものを使用した。

しかし、ここからが私のこだわり。電気ウキ釣りのエサはキビナゴ、タチウオテンヤの付けエサはドジョウ、ケミホタルの発光色はイエローというのが定番だが、私は全て冷凍イワシのエサで、ケミホタルはタチウオブルーを選択した。

秋の沖波止を満喫 指4本級タチウオに25cmアジ!【第8防波堤】エサはイワシにこだわる(提供:WEBライター・伴野慶幸)

冷凍イワシはエサ持ちが悪いが、私の経験ではタチウオがアタックしてくる確率が高い。ケミホタルの発光色も他の人と違う色にすることで、タチウオへのアピールも違ってくる。

次のページでいよいよサオ出し