『100均タックル』アジングで24cm頭に良型中心54匹【安乗漁港】

『100均タックル』アジングで24cm頭に良型中心54匹【安乗漁港】

10月上旬の夜、仕事を終えたその足で三重県・志摩方面にアジングをしに出かけた。途中から『100均タックル』に変更してみたが、釣果をあげることが出来た。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

安乗漁港でアジング

『100均タックル』アジングで24cm頭に良型中心54匹【安乗漁港】当日のタックル(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

午後11時前に到着すると、現地在住のエキスパート、安田さんが迎えてくれた。

予定していた安乗漁港の突堤は週末とあって人も多かったため、混雑を避けて近くの船着き場に移動。早速キャストを開始する。

メバル用のタックルにジグヘッドは0.6g。自作ワームをセットし、カーブフォールで探っていくと微妙な違和感があった。

疑わしきは即アワセ。

見事にヒットしたのは20cm弱のアジで、この時期にしては良型だ。

『100均』の釣りザオセットで挑戦!

潮が緩いせいか状況は今ひとつだが、数投に1度の割合で小さなアタリが出る。同様のパターンで2匹を追加し、ここでタックル変更。取り出したのは某100円均一ショップの釣りザオセットだ。

振出しザオにリールとチョイ投げ仕掛けが付いて税抜き千円。水色とピンクから選べるが、私は男の子なので迷うことなくピンクを選択した。

面白半分で購入したのだが、これが意外にも悪くない。もちろん値段の割に、という前置きは必要だし、仕上げが荒いのでバリ取りも必須だ。それでも、これまでタチウオや根魚を始め、多くの魚をキャッチできた。

今回、繊細なアジを相手にどれだけの結果を出せるのか。さすがに付属のナイロン3号ではキャストもままならないので、ラインだけはエステル0.25号に交換した。

『100均』タックルで20㎝強の良型アジ!

強風のなか、フォールのアタリを察知するのは難しそうだ。テンションを抜いて食わせても、的確なアワセは無理だろう。

そこで少しずつリールを巻きながら必要最低限のラインテンションをキープし、小さなアタリを拾う作戦に出た。

すると、答えはすぐに出た。派手にドラグを鳴らして上がってきたのは20cm強のアジ。もう少しドラグを締めたいところだが、時折引っ掛かりを感じるため少し緩めの設定にしてある。

『100均タックル』アジングで24cm頭に良型中心54匹【安乗漁港】今年は良型も多く混じる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

道具の弱点を創意と工夫でカバーするというのも、なかなかに楽しいものだ。慣れてくるとフォールのアタリも察知できるようになり、大きな不自由を感じることはなくなってきた。

ボトムではマハタもヒット

隣では安田さんも、当然のようにヒットを重ねていく。お世辞にも高活性とは言えないなか、さすがは名手だ。ボトムからは小ぶりのマハタも飛び出し、秋の夜長は盛り上がる。

『100均タックル』アジングで24cm頭に良型中心54匹【安乗漁港】安田さんにはマハタも(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

それにしても今シーズンの志摩はサイズがいい。例年ならこの時期、港内の平均サイズは15cm前後だが、今年はその中に何割か20cm超が混じる。これから徐々にサイズアップし、晩秋までは十分に楽しめそうだ。

次のページで最終釣果発表!