メガフロートで半夜釣り 足元安全でファミリーにもオススメ!【三重】

メガフロートで半夜釣り 足元安全でファミリーにもオススメ!【三重】

秋の気配を感じられるようになったが、日中はまだまだ酷暑。絶好の釣りシーズンを迎えつつあるが、やっぱり快適な夜釣りが楽しい。ということで、9月6日、三重県・南伊勢町迫間浦の釣り公園・佐助屋を訪れ、今夏から営業を始めた巨大メガフロートでの半夜釣りを取材した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

メガフロートで半夜釣り

まだまだ日差しが強い午後4時半、現地に着くと前日までの大雨の影響で、海にはかなりの濁りが入っている。少々の不安を覚えながら代表の三浦さんにあいさつし、準備を整えていると、この日取材させていただく明和町在住の南草さん親子が到着した。

あいさつも早々に午後5時から釣り開始。佐助屋の半夜釣りは、午後5時から9時まで。釣り場となるメガフロートは、足場が良く常夜灯が点灯するため、ヘッドライトがなくても釣りができるほど明るい。また釣り座の後ろには水道があり、手洗いやタックルの洗浄もできる。

メガフロートで半夜釣り 足元安全でファミリーにもオススメ!【三重】足場が良く安全に楽しめる、佐助屋のメガフロート(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

もちろんトイレや自販機完備。またメガフロート中央にはバーベキュー場があるため、グループで釣りをしながらバーベキューなんてことも楽しめるのだ。

メガフロートで半夜釣り 足元安全でファミリーにもオススメ!【三重】バーベキュー施設も完備(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

まずはサビキでアジ狙い

さて準備を終えた南草さん親子だが、日が傾き始め、夕マヅメに入るころにアジを狙ってサビキ釣りを開始。エサはマルキユーの爆寄せサビキだ。チューブ式で手が汚れずアミエビ独特のにおいもないため、女性や子供でも使いやすい。

メガフロートで半夜釣り 足元安全でファミリーにもオススメ!【三重】エサはチューブ式のマルキューの爆寄せサビキ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

まず息子の旭陽(あさひ)君のサオ先を震わせたのはウルメイワシ。さらに続けて15cmほどのアジが顔を出す。直下で水深は10mを超えるため、タナの把握が難しいが、アジは底付近に固まっていることが多いのでいったん底まで沈める方が手堅い。

メガフロートで半夜釣り 足元安全でファミリーにもオススメ!【三重】アジは底を狙えば高確率(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

フカセ釣りでクロダイヒット

さらにアジは釣れ続き、20cm近いサイズまで交じる。ここでフカセ釣りをお父さんの成教さんが大きくアワセを入れる。すかさず横でタモを構える旭陽君。息ぴったりのタモ入れでキャッチしたのは、30cm弱のクロダイだった。

メガフロートで半夜釣り 足元安全でファミリーにもオススメ!【三重】お父さんクロダイゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ルアーでカマスをゲット

一方旭陽君はアジを連釣。周囲が暗くなってきて常夜灯がつき、明暗がくっきりしてくるとアジも浮いてきたようで、中層でもヒットするようになってきた。明かりには大量のイワシが集まり、水面は騒がしくなってきた。生命感があふれ雰囲気は抜群だ。

ここで回ってきたのがサバだ。それも夏にわいていた小サバではなく25~30cmの中サバなので、引きも抜群。ヒットした後は走り回って楽しませてくれる。中層でサバ、底でアジという図式が見えてきたころ、ルアーを投げ始めた旭陽君に30cmはある良型カマスがヒット。

メガフロートで半夜釣り 足元安全でファミリーにもオススメ!【三重】ルアーでカマスをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

そして午後9時前、常にサオが曲がり続けていた楽しい釣りもそろそろ終わり。最後にアジとカマスを追加し、この日の釣りが終了した。

次のページで最終釣果発表!