今週のヘラブナ推薦釣り場【長野県・松原湖】

今週のヘラブナ推薦釣り場【長野県・松原湖】

暑さが続くと恋しくなるのが、標高が高い高原湖だろう。長野県南佐久郡にある松原湖なら海抜1123mなので熱波とは無縁。おまけに湿度も低い。時間が許すなら割引サービスがある宿泊パックを利用してのんびり湖面に浮かぶのもいい。それらを手助けしてくれる舟宿がリゾートイン立花屋だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 棚網久)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

松原湖(猪名湖)の状況

海抜1123mにある松原湖(猪名湖)は盛夏でも気温が30度以上になることは少なく、早朝は羽織るものが一枚ほしいほど。涼しいだけでなく魚影も濃いので避暑とアタリを求めて、首都圏や遠くは関西圏からも連日釣り人が足を運ぶ。

今週のヘラブナ推薦釣り場【長野県・松原湖】松原湖概況(提供:週刊へらニュース 棚網久)

ポイント

各種、釣り方でおすすめポイント紹介

「長竿チョウチンで豪快に釣りたい」

長野県内(同県の高原湖)では数少ない長竿チョウチン釣り、または竿いっぱいの底釣りができる釣り場なので、水深が深いロープに人気が集中する傾向がある。

とくに稲荷ロープの岬寄りや中央ロープの稲荷ロープ寄り(西向き着舟)はボート競走必死のエリアと言っていいだろう。連日エサが打たれているので居着きの魚影が濃く、アタリ出しも早い。

「混雑はゴメンだが長めの竿でチョウチン釣りがしたい」

ならば南・北風倒木ロープがオススメ。深いのは本湖向きだが晴天だとウキが見づらく、また強い日差しをまともに浴びてしまうので岸向きに入る人が目立つ。また岸向きのほうが本湖向きよりも短い竿で底に着くが、逆カケアガリ気味の地底になる注意が必要だ。

「長竿は疲れる。中尺程度で底釣りがしたいんだけど」

それなら下社か弁天の各ロープがオススメだ。

とくに前者は水深が浅めなので、着舟位置によっては短竿でも底に届く。ただしアベレージサイズは他のポイントに比べて落ちる。

後者は舟宿から至近なので、底釣りファンが真っ先に狙いを定めるロープだ。ただし底がガラ場で根掛かる個所があるので、底の状態がいい(戻りが出てアタって乗ってくる)ポイントをいかに見つけるかが、釣果の行方を左右する。

「数よりも型のいいヘラが釣りたい」

他に比べて良型出現率が高く、仮にアベレージサイズでも尾ビレや口がしっかりしている(百戦錬磨ではない)魚が多いのがピンクロープだ。7月30日の実釣取材時は、浅ダナではアベレージが大半だったものの、後半のチョウチンで前述した魚が多く交じった。

「穴場はどうなのか試してみたい」

ロマンを求めるなら姥の懐岸ロープや血の池ロープが面白い。とくに前者は極端に水深が浅いので、乗っ込み期限定のポイントではあるが、雨後の急増水や極度の濁りで浅場回遊をしている時はチャンス。ただし条件がそろってもモジリがない場合は避けたほうが無難。

なお同湖の各ロープはかなりきつく張られている(その分だけ揺れが少ない)のでロープを舟上に持ち上げず、舟底に通して舟に備え付けの舟留めロープ(前後左右)を利用して固定する。

今週のヘラブナ推薦釣り場【長野県・松原湖】ロープは揺れが少ない(提供:週刊へらニュース 棚網久)

釣り方

今週のヘラブナ推薦釣り場【長野県・松原湖】タックル図(提供:週刊へらニュース 棚網久)

宙にしろ底にしろ、釣り方は管理釣り場のそれと何ら変わりない。またタナ規定がないので、ウキ下の上下だけである程度は上ずりに対応できるのもありがたい。

そもそも松原湖の魚は上ずりやすい。しかし上ずった魚の活性が必ずしも高いとは言えないのも事実だ。「そのような魚は食わない」。そう割り切ってある程度開くエサで食い気のある魚を寄せるように心がければ、必然といいアタリが出始めてヒット率がよくなる。

つまり我慢も必要だということだ。アベレージサイズが9寸前後なのと「ここは野釣りだから」などと言って何をやっても食ってくるだろうとの考えはきっぱり捨てるべきだろう。とくに混雑時の人災や天候急変(とくに気温低下)などで食い渋ると非常に難易度が増す。

大ざっぱな釣りでごまかさず、渋いならラインの号数を落とす、ハリを小さくする、ウキの浮力を考えるなど小まめな対応でていねいに釣っていきたい。

逆に高活性なら口を使いやすいアベレージサイズが味方してくれるはずなので、強気の釣りを試してみるのも面白いだろう。

なおバランスの底釣りと、カラツンを多発させる百戦錬磨ベラに有効なトロ巻きセットのタックルとエサ例は図を参照。

<週刊へらニュース 棚網久/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
松原湖
問い合わせ:リゾートイン立花屋 TEL=0267(93)2201
舟代:¥2500(入釣料含む)。舟代(1日分)込みの1泊2食付き宿泊割引プラン有り
この記事は『週刊へらニュース』2019年8月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。