電車で行く京浜運河ハゼ釣り 12cm級頭に17尾【東京都・勝島橋】

電車で行く京浜運河ハゼ釣り 12cm級頭に17尾【東京都・勝島橋】

8月12日(月・祝)、ハゼを狙って東京の京浜運河へ。東京モノレールでお手軽電車釣行へ大井競馬場前駅で下車し、ポイントへ向かう。納竿前に、良型のハゼがダブルヒットし、楽しめた。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・山口正義)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

京浜運河でハゼ釣り

東京モノレールの大井競馬場前駅で下車。勝島橋を渡り、緑道沿いを品川方面に歩く。14時ごろ、八潮橋が近くに見える護岸に到着するが、あいにく工事現場区域になっている。

仕方なく道を戻り、2つの橋の中間地点にあるかもめ橋(人道橋)下の護岸でヘチ釣りを始めるが、根掛かりがひん発するので移動することに。

電車で行く京浜運河ハゼ釣り 12cm級頭に17尾【東京都・勝島橋】京浜運河周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ヘチ釣りでツ抜けを目指す

勝島橋へ向かい、16時ごろに到着。橋下の護岸に小さなスペースがあり「ハゼが寄ってくるに違いない」と思い竿を出す。ハリ7号、ハリス1号の2本バリ仕掛けに青イソメを付けて、ヘチ釣りを開始。

電車で行く京浜運河ハゼ釣り 12cm級頭に17尾【東京都・勝島橋】勝島橋下の護岸の様子(提供:週刊つりニュース関東版 東京・山口正義)

10分後、シャープな引きが手元に伝わり、リールを巻いてみると、10cmほどのハゼだ。1尾釣れてやる気が増す。活性は高いようで、ツ抜けを目指す。

周囲は暗くなってくると同時に食いは渋くなり「潮時かな」と思った矢先、竿先が曲がった。「セイゴかも」と巻いてみると良型のハゼがダブルだ。

当日の最終釣果

19時に納竿。釣果は8~12.5cmが17尾だった。持ち帰った魚は天ぷらにして勝利の美酒に酔った。

<週刊つりニュース関東版 東京・山口正義/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
勝島橋
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年8月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。