船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】

8月上旬に静岡県の御前崎港から出船している波丸で、夏休みの中学生以下の子供たちを対象に、オフショアゲームの体験会「波丸・キッズデー」が開催された。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

タイラバ&SLJにキッズがチャレンジ!

当日のメンバーは8人で、地元御前崎市のほか菊川市や掛川市など静岡県内の各地からキッズたちが集まり、午前6時半に出船した。

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】波丸の船(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

ポイント到着後、午前7時にスタート。タイラバは初めてのキッズたちがほとんどで、巻き方も少しぎこちなかったが、それでも御前崎の海は優しくほほえんだ。

本命マダイが連続ヒット

まず、歩夢(あゆむ)君が船中、最初のマダイをキャッチ。

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】歩夢君が最初にマダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

続いて、栞那(かんな)ちゃんが、35cmの食べごろサイズのマダイを釣り上げた。

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】栞那ちゃんのマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

この後もポツポツと小型のマダイがヒットし、船上にはキッズたちの笑顔があふれた。ひと通りポイントを流し終えた船は、潮を上って同じポイントを流す。

マダイ全員安打!

すると、早速、悠斗(はると)君に、これまでとは違う重量感のある魚がヒットした。慎重なファイトの末、上がったのは当日一番のマダイとなる45cm。お刺し身にして家族で食べるにも十分な大きさ、悠斗君ナイスファイトだ。

この後、碧泉(あおい)君がスーパーライトジギングで良型のイサキをキャッチ!

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】碧泉君は良型のイサキ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

さらに、壮泰(そうた)君も当日2匹目となるマダイをゲットし、船上を盛り上げた。こうして船中みんながマダイをゲットしたところで、船は豊富な魚種が狙える浅場のポイントに移動した。

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】壮泰君はマダイ2匹(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

SLJでアカハタ連釣

午前10時半、水深10m台のポイントに到着。メンバーはタイラバのほか、流行のスーパーライトジギングで探っていく。

まずは歩夢君がジグで、続いて悠斗君がタイラバでアカハタを釣り上げる。

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】悠斗君のアカハタ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

ラストは50㎝のヒラメ

アタリも多く、盛り上がってきたところで、当日のクライマックスがやってきた。

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】優五君はマダイ2安打(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)


ボトムから探り上げていた瑛太(ようた)君に大きなアタリ。見事フッキングも決まりファイトがスタートする。今度も重量感のある引きでサイズが良さそうだ。

やがて海面に現れたのはなんとヒラメ。サイズも50cmとなかなかで、当日の釣りを締めくくるのにふさわしい1匹となった。

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】瑛太君がヒラメで締めくくった(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

夏休みの船上に響く歓声

そして迎えた沖上がり、当日は晴天で暑い一日だったが、キッズたちは暑さを忘れ、魚たちとの対話を楽しんだ。

船釣りキッズデー取材レポ タイラバ&SLJでマダイ全員安打【波丸】波丸バックにメンバーで記念写真(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

メンバーの1人栞那ちゃんは、「お魚が釣れたのでうれしかった。それにイワシの群れとかサメが見られてすごかった。初めて海の上から自分が住んでいる街を見てなんだか不思議だった」と、たくさんの初体験を楽しそうに話し、最後に「また船で釣りに行きたい」と船長も私たち大人が一番うれしい言葉を、笑顔と一緒に返してくれた。

こうして盛り上がった波丸・キッズデー、今後も時期を見てこのような釣り体験教室を開催していく予定だ。

サポート体制もバッチリ

当イベントは釣り具メーカーのハヤブサ、デュオのバックアップがあり、同船の伊村、杉山両船長が交代でキッズたちをサポートして船上を盛り上げてくれた。

御前崎港の波丸は一隻2船長体制で営業しているので、操船中もどちらかの船長が釣り人をサポートしてくれる。

さらに、ハリ外しや生け締めなどもやってもらえるので、子供や女性は魚の処理で不安な思いをすることは何ひとつない。ある意味、自分の釣りに集中できるので、お父さんや彼氏にとっても非常に助かるサービスだ。 

<週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
波丸
出港場所:静岡県御前崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年8月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。