クロダイ狙いのダンゴ釣りで本命4匹 エサのローテが肝【やま栄渡船】

クロダイ狙いのダンゴ釣りで本命4匹 エサのローテが肝【やま栄渡船】

梅雨が明けた途端に酷暑で、海中も夏本番となり、さまざまな魚が元気に活動。それがクロダイを釣るのを難しくしているが、そこを攻略するのもまたダンゴ釣りの楽しさでもある。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・C☆MAX・橋本直)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

鳥羽市本浦のやま栄渡船へ

クロダイ狙いのダンゴ釣りで本命4匹 エサのローテが肝【やま栄渡船】やま栄渡船(提供週刊つりニュース中部版 :APC・C☆MAX・橋本直)

7月29日、鳥羽市本浦のやま栄渡船へ釣行。夏日で朝は薄い雲が出ていたが晴れて気温も高くなり、風が吹くと過ごしやすさも感じた。

さて実釣だが、朝からダンゴをしっかり入れてポイントを作り、なるべく早い段階でボラを寄せてエサ取りには静かになってもらい、クロダイの間を作っていこうとテンポ良く打ち返し、一日の釣りを組み立てていく。

朝からエサ取りは活発でマダイやフグ、上層にはアジ、サバ、シオが回り、ダンゴの煙幕にはコノシロが寄ってとてもにぎやかな感じだ。

底でもエサ取りが活発で、オキアミやシラサは瞬殺。サナギ、コーンをメインに打ち返し、午前10時を回ったころに待望のアタリ。サナギに反応してくれたのは30cm弱のクロダイだった。

40cmオーバーのクロダイ

クロダイ狙いのダンゴ釣りで本命4匹 エサのローテが肝【やま栄渡船】当日のタックル(提供週刊つりニュース中部版 :APC・C☆MAX・橋本直)

後が続かずで、しばらくたって追加したが、当日は潮が非常に速く、底はそれほどでもないのだが、上潮がかなり滑って渦を巻くほど。

仕掛けもなかなか安定せずで、重たいシンカーで止めたり重さを変えて流したりしたが、反応を得られずで苦戦を強いられ、かなりたって潮が少し落ち着いた段階で、アケミのむき身で1匹追加した。

それから少し間を置いて、またアケミのむき身にクロダイが反応。ノーシンカーでラインを上潮にシンクロさせて流していくと、穂先が海中に突き刺さるような目の覚めるアタリが出た。

今までよりかなりパワフルな引きだが、ロッドのポテンシャルを信じて丁寧かつ大胆に魚を寄せてくる。潮が速い分引きも強く感じ、上がってきたのは40cmオーバーのクロダイで、これが当日の最長寸となった。

潮向きが変わり、底潮がかなり速くなってオモリを打っても流されるほど。このまま終わってしまうなと感じた時に一瞬潮が緩みかけ、そのタイミングで1匹追加してタイムオーバーとなった。

当日の最終釣果

夏のクロダイはパワフルでかなり引きが強く、ライトタックルだとスリリングで楽しめる。皆さんもしっかり暑さ対策をして、クロダイの引きを堪能しにチャレンジしてみてほしい。

なお、当日の釣果はクロダイ26~42cm4匹だった。

クロダイ狙いのダンゴ釣りで本命4匹 エサのローテが肝【やま栄渡船】当日の釣果(提供週刊つりニュース中部版 :APC・C☆MAX・橋本直)

<週刊つりニュース中部版 APC・C☆MAX・橋本直 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
やま栄渡船 
電話0599(32)6009
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年8月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。