大阪湾チヌ釣りで46cm頭に7尾 フカセ盛期到来か【堺港・新波止】

大阪湾チヌ釣りで46cm頭に7尾 フカセ盛期到来か【堺港・新波止】

連日35度を越える猛暑が続いているが、大阪湾ではチヌが例年より好調に釣れている。そこで8月18日にTEAM黒夢の会友である川元氏と小林氏と一緒に、大阪・堺出島漁港から出船する夢フィッシングへと釣行した。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷脇英二郎)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

堺港の新波止でフカセチヌ

船長にあいさつをし、朝4時の船に乗り込んだ。近況を確認するとチヌが好調に釣れているようだ。特にセル石や宇部波止が好調のようだが、今回は沖に位置する新波止へ渡ってみることにした。

新波止は堺港の中でも一番沖に位置する一文字で、沖向きはスリットケーソン構造。内向きは垂直護岸となっており潮通しがよく、多くの魚種が狙えて一年中釣り人が絶えない人気の釣り場である。しかし現状の新波止はヘチ釣りがメインで、チヌは好調に釣れているが、フカセ釣りの釣り人は入っておらず情報は皆無。不安と期待が入り混じっての釣行となった。

大阪湾チヌ釣りで46cm頭に7尾 フカセ盛期到来か【堺港・新波止】足場の高い新波止へ(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

当日のタックルと仕掛け

今回は直感を頼りに新波止の赤灯側に渡り、チヌを狙うことにした。3人並んで釣り座をとり、薄暗いうちから仕掛けの準備にとりかかった。

エサは事前にオキアミ1.5kgとマルキュー白チヌと爆寄せチヌを1袋ずつ混ぜ合わせたものを用意。さしエサにはオキアミ、コーン、練りエサ、サナギを持ち合わせた。そしてタナをとり、オモリで底取りをしてウキを底から1mほど浅くセットし、なじめばゆっくりと潜行していくようにオモリ調整し、タナを探れるような仕掛けにした。

大阪湾チヌ釣りで46cm頭に7尾 フカセ盛期到来か【堺港・新波止】当日のタックル(作図:TSURINEWS関西編集部・平塚悠介)

コーンとサナギでサバ回避

まずはまきエサをサオ下付近に打ち、足元から狙ってみる。すると、いきなり水面下にはフカセ釣りではやっかいなエサ取りであるサバを確認。サバが多いとオキアミや練りエサはチヌのタナまで通らないので、コーン、サナギをローテーションしアタリを待つことにした。

すると、コーンのエサでウキが消し込まれるアタリをとらえ、34cmと小型ではあるが本命のチヌを手にした。さらに良型を狙うが、潮がピタリと止まってしまいチヌからのアタリが遠のいてしまった。

カケアガリ狙い全員安打!

そこで少し遠投し、まきエサを縦に打って沖から手前を探る釣りに変更。これが正解で、カケアガリ付近でアタリをとらえ46cmのチヌをタモに収めた。

大阪湾チヌ釣りで46cm頭に7尾 フカセ盛期到来か【堺港・新波止】良型ゲット!(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

この直後から潮が少しだが、左から右に流れ始めたのでサオ2本沖のカケアガリ付近を重点的に狙うことにした。するとポツポツと40cm前後のチヌがパワフルな引きを楽しませてくれた。このタイミングで川元氏と小林氏も確実にアタリをとらえ、チヌを手中にし全員安打達成。

大阪湾チヌ釣りで46cm頭に7尾 フカセ盛期到来か【堺港・新波止】小林氏のチヌ(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

釣友はネリエで連発

この時期は水温が高いため、キープしたチヌも弱りやすいので40cm以下のチヌはリリースしながらの釣り。小林氏は所用のため、11時の船で早上がりし居残りで私と川元氏で頑張ることに。

お昼にさしかかるころ、川元氏も練りエサでパターンをつかみ連発モードとなり、チヌとの駆け引きを楽しんでいた。暑いので休憩や談笑を挟みながら納竿の13時まで真夏のフカセ釣りを満喫した。

大阪湾チヌ釣りで46cm頭に7尾 フカセ盛期到来か【堺港・新波止】川元氏のチヌ(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

次のページで最終釣果発表!