サーフでのライトゲームでヒラセイゴ&メッキと戯れる【仁科大浜海岸】

サーフでのライトゲームでヒラセイゴ&メッキと戯れる【仁科大浜海岸】

8月2日(金)、静岡西伊豆の仁科大浜海岸で、ヒラセイゴとメッキのルアーフィッシングを楽しんだ。小一時間で、10匹の釣果にこれから更に期待できる。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・野地文雄)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

仁科大浜海岸でサーフライトゲーム

この日は少し波っ気があったものの、サーフでのライトルアーには問題ない。関東は梅雨が明けて、猛烈な暑さに攻め立てられるような日が続いている。さすがにこの状況では、長時間の釣りは無謀と判断。

夜中に小田原の自宅を出発し、現地に到着したのは早朝の5時すぎ。海岸では、すでにルアーアングラーがキャストしている。

目の前の海岸線には、海藻がちぎれて打ち上げられている。よく見ると、駐車場の真下に集中していて左側は少ない。ベイトフィッシュの姿は見えないが、「ひょっとしたら波口に漂っている浮遊物に、ハク(ボラの数cmサイズでベイトフィッシュになる)が居着いているかもしれない」と考えた。

ヒラセイゴが立て続けにヒット

リーダーの先に、お気に入りのハードコアミノー50Fをセット。浮遊物の多い場所に立ち、キャスト開始。着水と同時に連続トゥイッチを入れると、予想通り海藻や枯れ葉がすぐに掛かってきてしまう。そこで立ち位置を変える。

キャストを再開すると、予想通りゴンッと、手元に衝撃がきた。しかし、いつものセイゴとは違い、フッキングしない。

「ひょっとしたらメッキのバイトかもしれない」と、小刻みにアクションを加える。すると、今度は一気にロッドが絞り込まれ、続けて派手なエラ洗い。

寄せ波で引きずりあげたのは、38cmほどのボリューム感たっぷりなヒラセイゴ。このあと、立て続けに35cm級を中心に連続ヒットしてきた。

サーフでのライトゲームでヒラセイゴ&メッキと戯れる【仁科大浜海岸】ヒラセイゴが連続ヒット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・野地文雄)

シーズン初のメッキもヒット

サーフでのライトゲームでヒラセイゴ&メッキと戯れる【仁科大浜海岸】今シーズン初のメッキ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・野地文雄)

あまり同じ位置で続けていると、場荒れさせてしまうので、さらに左に寄ってキャスト。今度は、今シーズン初物となるメッキ(ギンガメアジ)をキャッチすることができた。

群れがいたようで、3連発。しかし、去ってしまったのか、再びヒラセイゴのアタリに戻ってしまった。

房総半島でのメッキ情報はチラホラと聞こえてきていたが、伊豆半島の状況がどうなのか気になる。まだそれほど大きな群れではないようだが、この時期、15cm級が普通に釣れたので期待できそう。

ヒラセイゴはハクを捕食していたのか、群れがまとまっていたようだ。10尾以上キャッチ&リリース。1時間ほどでこの日の釣りを終えることにした。

暑い日が続くので、こんな短時間釣行もいいだろう。

<週刊つりニュース関東版 APC・野地文雄/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年8月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。