解禁日の剣崎カワハギ実釣レポート 28cm頭にトップ11尾【瀬戸丸】

解禁日の剣崎カワハギ実釣レポート 28cm頭にトップ11尾【瀬戸丸】

8月1日(木)、東京湾剣崎松輪の瀬戸丸からカワハギ狙いで出船。この日は、剣崎沖の解禁日。カワハギフリークにとっては、毎年この日を今期のスタートの日とする人が多いイベントデイだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

解禁日の剣崎沖カワハギを取材

6時半、鈴木弘大船長の舵取りで出船。南西風でウネリは強いが、快晴でまずまずの釣り日和。あっという間にポイント到着。「水深は13mです。いいですよ」のアナウンスが流れると全員一斉に仕掛け投入。

すぐに、溝口さんが今期初の本命をキャッチ。私も、着底後1mほど底を切って、金色のオモリを躍らせ、キラメキで周辺の魚にアピール。中オモリをフワフワ動かして魚の食い気を高め、ビタ止めの釣りで様子をみる。

すると、アタリはでたが、ゲストの活性が高いようで、大型ベラの5連続ヒットで苦笑い。しかし、次投ではカンカンカンという本命らしいアタリが訪れ、早々に23cmの良型をゲット。

増澤さんも、竿先を注視した集中力の高い釣りですぐに1尾目を抜き上げる。

水深28mで良型ヒット!

だが、「浅場は潮が速すぎて、仕掛けが安定しない」と、判断した船長は、やや沖の水深28mに移動、これが大正解。

溝口さんは「誘い上げで来ましたよ」と言いながら、笑顔で3尾目。

井尻さんは「チョイ宙でアタリました」と、今期初の良型を手に満面の笑み。

解禁日の剣崎カワハギ実釣レポート 28cm頭にトップ11尾【瀬戸丸】井尻さんは良型に笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

ゴンゴンゴンという大型特有のアタリが連発したが、アワセのタイミングが悪かったのか、巻き上げ途中に3連続でバラしてしまい大反省。

沖のポイントで大型多数キャッチ

8時40分、さらに沖のポイントに向かうと、増澤さんは「今日は、次々に魚の食いが変化して、全部違うパターンでアタリをだしていますが、これはこれで面白いですね」と、27cmの大型を頭に同級を4連チャンし独走状態。

それを見た佐々木さんは、キャストして広範囲を探り、28cmのデカハギを取り込む。右舷胴の間の佃さんも27cmをゲット。

解禁日の剣崎カワハギ実釣レポート 28cm頭にトップ11尾【瀬戸丸】DKO優勝経験者の佐々木さんはデカハギにドヤ顔(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

左舷大ドモでは、鈴木さんが29cmの泣き尺を手に「これは嬉しい。ドラグが出て凄い引きでした」と語る。

解禁日の剣崎カワハギ実釣レポート 28cm頭にトップ11尾【瀬戸丸】鈴木さんは尺級にニンマリ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

ベテランに囲まれて出遅れていた松谷さんは、真剣な釣りで1尾目をキャッチし破顔一笑。

解禁日の剣崎カワハギ実釣レポート 28cm頭にトップ11尾【瀬戸丸】初めての解禁カワハギを満喫(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

最後は再び浅場で追釣り

シーズン初日ということで、船長は様々なポイントを回ってくれ、中盤には、少しアタリが遠い時間はあったが、「最後はまた浅場をやってみましょう」と、とっておきの場所へ。

すると、船中次々と本命が釣り上げられ、松谷さんや私も追釣。誰かが釣れるたびに船上は祝福の声と笑顔にあふれた。

都心での最高気温が35度を超え、本当に暑い一日だったが、船上もアツアツで大興奮のまま13時半に終了。

次のページで最終釣果を発表