胴突き&イカメタルで夜焚イカ釣行 数は伸びずも良型ヤリイカ【芦屋沖】

胴突き&イカメタルで夜焚イカ釣行 数は伸びずも良型ヤリイカ【芦屋沖】

7月15日、釣友で船のオーナーである大島さんと芦屋沖での夜焚きイカ釣りへ出掛けた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ提供:APC・稲永繁樹)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

胴突きとイカメタルでタナを探る

芦屋沖の水深50mのポイントには、19時30分ごろ到着。

アンカーを下ろし、早速釣りの準備に取りかかる。今回も電動リールを使い、浮きスッテ4号を5個付けた胴突きと、EZ―ベイトメタル20号をセットしたイカメタルの2つを準備。

胴突き&イカメタルで夜焚イカ釣行 数は伸びずも良型ヤリイカ【芦屋沖】タックル図(作図:APC・稲永繁樹)

開始直後はウネリがキツくなかなかアタリが分かりづらい。海はナギになってくる予報なので、辛抱して胴突きとイカメタルでヤリイカのいるタナを探る。

ウネリ収まるとヤリイカヒット!

すると、21時30分をすぎたころ、風とウネリも収まり始め電動リールで底からゆっくり巻き上げながら探っていた胴突きに、ようやくヤリイカがヒット。

掛かったヤリイカを外して再び底へと落とし、置きザオにしていたイカメタルのロッドをつかむと、こちらにもヤリイカがヒットしている。

なかなかの重量感と引きなので、「良型が複数ヒットしたな」と思いながら巻き上げていく。海面に姿を見せたのは良型ヤリイカ、墨をかけられないように注意しながら捕獲成功。

胴突き&イカメタルで夜焚イカ釣行 数は伸びずも良型ヤリイカ【芦屋沖】ナイスサイズだ!(提供:APC・稲永繁樹)

すると、反対側の大島さんにもヒットし、いよいよ時合い到来のようだ。

数は伸びずも良型目立つ

その後、単発ながら2人とも胴突き・イカメタルでぽつぽつ釣り上げていく。しかし、潮が緩みだすと再びアタリが遠のき始めた。

そこで、手始めにイカメタルをEZ―シュリンプメタル15号にチェンジすると、すぐにヤリイカがヒット。今回は、全体的に釣れるヤリイカの型が良い。

しかし、しばらくするとさらに潮が緩くなったので、イカメタルを12号まで軽くして誘いを繰り返す。

私も大島さんもぽつぽつながら釣れはするが、入れ食いとまではいかず午前0時すぎに納竿とした。

数はイマイチだったが、型は良かった。今後、数釣れることを期待している。

胴突き&イカメタルで夜焚イカ釣行 数は伸びずも良型ヤリイカ【芦屋沖】釣友の大島さんも釣れた(提供:APC・稲永繁樹)

<週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。