イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】

イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】

茨城県の水深100m以浅でイシナギ(モロコ)が釣れると聞き、茨城日立港久慈漁港のモンロー号から出船した。試釣も含めてレポートしよう。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ提供:APC・鈴木俊洋)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

イシナギ(モロコ)の生態

関東北部では「スネヤ」、東京湾付近では「モロコ」と呼ばれ、日本近海で大物釣りのターゲットであるその魚は、和名「オオクチイシナギ」。

最大はなんと200kgに達し、水深400~600mに生息。

産卵で100~200mの浅場に上がってくる。茨城北部の日立沖では8月から9月にかけて、5~30kgの小型ではあるが、水深100m以浅で釣れるというから驚きだ。

まずはイシナギ試釣から

7月14日(日)、茨城日立港久慈漁港のモンロー号へ。

5時、小雨が降るなか、港を離れる。「数週間前から小型のイシナギが姿を現し始めた」と聞き、山﨑船長に無理を言って船を出してもらった。試釣に参加したのは私を含めた10人。

本命1尾目は5㎏サイズから

航程1時間で釣り場に到着。期待半分、不安半分。祈りを込めて投入する。

開始から1時間経過。静かだった反対舷から「食った!」の声。姿を見せたのは、残念ながら大型のクロアナゴ。

次の流しで、私の竿が、一気に海面に突き刺さる。一年ぶりのこの感触、強烈な引き込みを堪えながらリールを巻きあげる。

やはりこの釣りは、楽しい!やがて姿を見せたのは5kgの本命だ。この1尾を皮切りに、あちらこちらで竿が曲がる。

8.6kg頭にオデコなし

先ほど、クロアナゴを釣り上げた女性客が「リールが巻けない」と騒ぐ。

それもそのはず、この日一番、8.6kgが上がってきた。この日は竿頭4尾、オデコなしで上々の結果だった。

イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】強烈な引き込みを楽しむ(提供:APC・鈴木俊洋)

イシナギ乗合船スタート!

7月21日(日)この日からイシナギ乗合船が本格始動。茨城でこの看板を掲げる船はモンロー号だけだ。

前回、何回かハリスを切られた。今回は少し太い仕掛けで臨むことにする。

イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】太めの仕掛けで臨む(提供:APC・鈴木俊洋)

太陽が昇りきる前の9時前後までが勝負だ。岩礁帯に生息するこの魚は岩陰の間を回遊しながら獲物を探す。群れにうまく当たれば、船内全員の竿が一気に曲がることもあり得る。

イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】本命に笑顔(提供:APC・鈴木俊洋)

アタリとアワセ

開始の合図と同時に仕掛けを落とす。オモリが海底に着いたら2~3mタナを切る。最盛期は、5m以上、上げることがある。

この魚の前アタリは、とても小さい。竿先を揺らすくらいの小さな反応が続いたあと引き込まれるが、ここでアワせてしまうとスッポ抜けることが多い。やがてくる大きな引き込みを待って、竿を立てるように大きくアワせる。

小型なら、一気にこちらを向かせて巻き上げることはできるが、10kgを超えるようになると難しい。根に潜られないようにいなしながら手巻きで5~10m巻き上げる。 

イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】重量感に大興奮(提供:APC・鈴木俊洋)

やり取り

根から離したら、電動リールのスイッチを入れる。最初から電動に任せてしまうと、焼きついて故障することがある。水圧の変化に強いため海面まで暴れる。

昨年、私の最大は18kgだったが、ハリを曲げられたことが数回ある。なにもさせてもらえず、ハリスを切られたことは何度もあった。

イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】大物釣りを堪能(提供:APC・鈴木俊洋)

24日は船中42尾で早上がり

この日の実釣報告は次回に持ち越しさせていただくが、船長から連絡では、7月24日(水)は「3~10kgが9人で42尾。9時に早上がりしました」との話。

本格始動に入った「イシナギ」。早い時期に一度お試しいただきたい。

イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】強い引きを楽しんだ(提供:APC・鈴木俊洋)

血抜き処理とイシナギの食味

最後は食味について。血抜きをした場合としなかった場合で、食味はまったく変わる。私の主観だが、刺し身を例に紹介しよう。

イシナギ試釣レポート 茨城沖100m以浅がポイント!【モンロー号】血抜きで大きく変わる(提供:APC・鈴木俊洋)

血抜きをしなかった場合は「身の色が赤みを帯びて、身質は少々軟らかくなる。濃厚な旨味の陰に若干の血の香りを感じてしまう」。

血抜きをした場合は「身の色は白色が強くなり、身質が硬くなる。残念ながら旨味は抑えられてしまうが、ほとんど癖がない万人向けの味になる」

この魚の肝はビタミンAを多く含有するため、食中毒を起こす可能性がある。危険なので決して食べないように。

<週刊つりニュース関東版 APC・鈴木俊洋/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
モンロー号
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年8月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。