イカの鮮度を保つワンランク上の持ち帰り方法 トレー『+α』が大事!

イカの鮮度を保つワンランク上の持ち帰り方法 トレー『+α』が大事!

夏の風物詩と言えば、イカメタル。今回は、以前紹介した「イカ持ち帰り方を実釣付き解説 12時間後も鮮度抜群【福井県・越前】」の第二弾。イカ専用トレー+αで、さらに新鮮かつキレイなまま持ち帰る方法を解説したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・shinchan)

Shinchan
Shinchan

Wしんちゃん代表!びわ湖のほとりに住むスクイッドアングラー!イカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいますがたまにライトジギングやります! メインフィールドは三重の五ヶ所湾~紀伊長島、日本海は小浜~敦賀~越前茱崎など! 釣行記に限らず様々な情報を発信出来ればと思います!

Shinchanの担当記事を読む
×閉じる

船釣り イカ釣り

新鮮なイカの持ち帰り方法

イカの鮮度を保つワンランク上の持ち帰り方法 トレー『+α』が大事!フレッシュマスター(提供:WEBライター・shinchan)

以前もご紹介しましたがイカメタルは釣りもさることながら新鮮な状態でイカを持ち帰ることに醍醐味を感じているのは筆者だけではないはずです。

各メーカーからも専用のトレーが発売されていてまさにトレー商戦といった感じでしょうか。

そんな中、トレーだけではなく、トレーに敷くクッキングペーパーにもこだわっています。

より新鮮に、キレイにイカを持ち帰るために役に立つ方法を今回は、ご紹介したいと思います。

使用するのは「フレッシュマスター」という知る人ぞ知るクッキングシートです。

以前は墨まみれで持ち帰り

イカの鮮度を保つワンランク上の持ち帰り方法 トレー『+α』が大事!フレッシュマスターを乗せたトレー(提供:WEBライター・shinchan)

今まではイカが滑らないようにするためキッチンペーパーをトレーに敷いて使用していました。

キッチンペーパーの場合、予めペーパーを海水で湿らせてから絶えたイカを並べていました。

しかし息絶えても墨が滲み出ることが多々ありました。

その結果キッチンペーパーに墨が付き、予め濡らしておいた水分と相まって、グチャグチャになってしまいます。

せっかく鮮度の良いイカを持ち帰っても、イカも墨が付いたままでは見た目が悪くずっとそこが気になっていました。

そこであれこれアイテムを試してみて、たどり着いたのが「フレッシュマスター」でした。

フレッシュマスターとは

もともと「フレッシュマスター」は、所謂キッチン商品です。冷蔵保存・仕込み・自然解凍に使用し、食材の鮮度と旨味をしっかりキープすると評判の保鮮シートになります。

生鮮食品の鮮度保を保つことを目的として、特に精肉・鮮魚に適しています。お刺身は、ドリップ吸収により刺身の鮮度を維持し、ツマも汚すことはありません。フレッシュマスターを使うことで、赤身はより鮮やかに、白身はクスミを防止して透明感を保持できます。

もちろんイカの鮮度保持にも効果は絶大です。多数の立体微小開孔形状と天然パルプ吸収体で吸いすぎないシートがイカの鮮度と旨みをしっかりキープしてくれます。

イカの鮮度を保つワンランク上の持ち帰り方法 トレー『+α』が大事!バットに移した新鮮なイカ(提供:WEBライター・shinchan)

丁度良い『吸収力』

既に使用しているアングラーの方もおられ早速試したところこれが凄かった。

イカの鮮度を保つワンランク上の持ち帰り方法 トレー『+α』が大事!イカ墨だけを吸収(提供:WEBライター・shinchan)

・吸いすぎないので予め海水で湿らす必要がありません。
・イカ墨が滲み出ても綺麗に墨だけを吸い取ります(これは神です)
・並べたイカの上にシートを被せるとさらに新鮮な状態を保ちます。
・氷を大量投入しなくても新鮮さを保つことができます。

猛暑日はさらに注意

これから梅雨が明け夏本番に入り、猛暑日が予想されます。イカメタルは半夜便~夜釣りが中心ですが日が落ちた海上でも熱帯夜で猛暑は続きます。

十分な水分確保は当然で多めのお茶やスポーツドリンク、塩分補給が必須になります。

そしてなんと言ってもイカの鮮度。海水温が高くなりますのでいくら循環機能が装備された生簀でも高水温で直ぐに死んでしまいます。なのでイカが白くなってきたら直ぐにクーラーボックスに入れる事をオススメします。

せっかく釣ったイカなので新鮮に持ち帰りましょう。

<shinchan/TSURINEWS・WEBライター>