大阪湾テンヤタチウオで117cm頭に20匹 ブラックカラーがアタリ

大阪湾テンヤタチウオで117cm頭に20匹 ブラックカラーがアタリ

大阪湾での人気ターゲットのタチウオ。まだタチウオ専門便で出船する船も少ない中、7月13日に大阪湾のタチウオの様子をうかがいに行ってきた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・大塚香奈)

 

tsurinews編集部関西

tsurinews編集部関西の担当記事を読む
×閉じる

船釣り エサ釣り

神戸沖ポイントでテンヤタチウオ

当日は若潮で天気は曇り時々雨。大阪府泉南から出船する湊丸bayに乗船し、大阪湾でもシーズン初期に好釣果が期待される神戸沖のポイントへと向かった。用意したタックルは、サオが極鋭タチウオテンヤEX178 、リールがPE2号を巻いたシーボーグ200J-DH、リーダーにはフロロ8号を結んだ。

大阪湾テンヤタチウオで117cm頭に20匹 ブラックカラーがアタリ雨の神戸沖(提供:WEBライター・大塚香奈)

1投目は水深70m前後でのスタート。まずはイワシをエサにストップ&ゴーで底から誘いを入れる。するとすぐにコンッと明確なファーストバイトが。この日のファーストフィッシュは指3本サイズで、まずまずの型。

その後も底での反応があり、アタリも多いのでエサ持ちのいいサンマのエサに変更。サンマは3枚にさばき、塩とアミノ酸(味の素)に漬けて半日寝かせて水分を抜いたものを使用。

大阪湾テンヤタチウオで117cm頭に20匹 ブラックカラーがアタリ使用したサンマ(提供:WEBライター・大塚香奈)

 小さく優しい誘いで指4.5本級!

スタートフィッシングから約2時間、コンスタントにアタリはあるものの、アタリのほとんどは底から15m以内で追いも悪いため、誘い幅は小さく優しい誘いに切り替えた。

タナを絞り底から10m付近で小さくフォールの誘いを入れると、フワッと大きな食い上げ。間髪入れずにフッキングすると、上がってきたのは指4.5本の良型だった。

大阪湾テンヤタチウオで117cm頭に20匹 ブラックカラーがアタリヒットした良型タチウオ(提供:WEBライター・大塚香奈)

ブラックテンヤで117cm!

お昼近くになるとアタリが減る時間帯があり、掛けても巻き上げ中のハリ外れが多発したものの、平均して釣れる型はよかった。さらなる良型を目指して、テンヤを発光量の少ないテンヤ(オールケイムラ、シルエットブラック)に変更。

ハリ掛かりが浅い個体が多かったが、底から5m付近をフワフワと優しく誘っていると、サオ先がわずかにフワッとテンヤを持ち上げるアタリが出た。アワセを入れると予想外の大きな引き。

電動リールの中速巻き程度で丁寧に上げてくると、見えたのは117cmの良型。狙い通りのブラックテンヤで良型サイズに出会うことができた。

大阪湾テンヤタチウオで117cm頭に20匹 ブラックカラーがアタリブラックテンヤでこの日の最長寸(提供:WEBライター・大塚香奈)

次のページで最終釣果発表!