『ロックフィッシュフェスティバル』開催 根魚とロック音楽が融合?!

『ロックフィッシュフェスティバル』開催 根魚とロック音楽が融合?!

日中はロックフィッシュゲーム、その後は音楽のロックを楽しむアバンギャルドなイベント『ロックフィッシュフェスティバル』が8月18日に神戸・平磯海づり公園で開催される。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

根魚と音楽の「ロック」が融合!

このイベントは本来なら冬のライトゲームで親しまれているガシラなど根魚を真夏のデイゲームで狙ってみよう、そして「ロックフィッシュ」に加えて、音楽の「ロック」も一緒に楽しんじゃおうという大会で今年、5年目を迎える。

ファミリーや初心者にも安全に釣りができる平磯海づり公園を舞台に初心者から子どもさん、ベテランからマニアまでが集い、ルアーで根魚を狙う。また、この大会独特の和気藹々とした雰囲気も人気で、年々、注目度が上がっている。

『ロックフィッシュフェスティバル』開催 根魚とロック音楽が融合?!メインはガシラ狙いだ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

大会実行委員長でギタリストのnomiさんを中心に、釣り、バイク、音楽と幅広い活動で知られる松竹芸能所属のトモチンの2人で構成する音楽ユニット「オクトプラッシャー」が釣りをこよなく愛する事から実現したのがこのイベント。

ゼスタフィールドテスターの高田玲欧さん、エコギアプロスタッフの北野雅朗さんに加え、今年はメガバスソルトスタッフのアラマキシンヤさんも実行委員に加わって大会を盛り上げる。

『ロックフィッシュフェスティバル』開催 根魚とロック音楽が融合?!達人スタッフによるトークも(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

大会レギュレーション

ガシラ、メバル、タケノコメバル、アコウ、アイナメの3尾までの総重量で競う。ルアーやタックル等はメーカー不問。時間内での魚の入れかえは自由。

表彰は1~3位、ファーストフィッシュ賞(スタート後もっとも早く対象魚を釣り上げた人)など。

4組のアーティストがライブ

『ロックフィッシュフェスティバル』開催 根魚とロック音楽が融合?!昨年のライブ風景(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

・OCTOPLASHER
・今堀敬一(アバヨ)
・CJ
・クラフトメン 新太郎

の4組がライブを行う。

大会要項

場所:神戸市立平磯海づり公園
日程:8月18日(日) 予備日は8月25日
時間:6~13時(多少前後する場合あり)
参加予定人数:50人
参加費用:前売り3000円(小・中学生は2000円)
     当日3500円(小・中学生は2500円)
※平磯海づり公園利用料、保険料込み。駐車場代は別途必要。

参加資格:小学生以上でルアーフィッシングが可能な人(小・中学生のみの単独参加は不可)

募集締め切り:8月13日(申し込みはインターネットから)

公式サイト「ROCKFISH FESTIVAL’19」より申し込み
ネット申し込みで、前売りと当日支払いが選択できるようになっている。
申し込み終了後に「rockfishfes@gmail.com」から案内が届く。

当日のタイムテーブル

6時~受け付け開始
7時~開会式、実釣開始
11時 計量受け付け終了後ライブ、トークショー
12時~表彰式
詳細、申し込みなどについては公式サイト「ROCKFISH FESTIVAL’19」まで

<松村計吾/TSURINEWS関西編集部>

▼この釣り場について
神戸市立平磯海づり公園