夜焚きイカ釣行でトップ46杯 数釣りシーズン間近か【福岡・須賀丸】

夜焚きイカ釣行でトップ46杯 数釣りシーズン間近か【福岡・須賀丸】

夏イカシーズンに突入で、福岡県宗像市地島の須賀丸で6月末に夜焚きイカ釣りに出かけた。数釣りの夏イカシーズンまではあと少しか。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

須賀丸で夜焚きイカ釣りへ

今回のメンバーは佐田さん、手島さん、林龍さん、永尾さんで、神湊から午後6時に出港。

玄界灘に出てみると海は鏡のように穏やかで、釣り場に着くとすぐにベイトの群れを探して、シーアンカーを入れずに待つ。夜焚きイカ釣行でトップ46杯 数釣りシーズン間近か【福岡・須賀丸】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

早々に25cm級がヒット

私は本格的な釣り開始の時間になるまでイカメタルゲームで探っていると、すぐにイカが乗ってきた。引きも良く、上がってきたのを見ると胴長25cmぐらいありそうなヤリイカだった。まだライトをつけないうちから入れ掛かりのように乗ってきたのにはびっくり。型も10cm以下ではないものが乗ってくる。

30分もすると周りの船も夜焚きのライトをつけだすが、ベイトが寄っていないのか、イカのアタリはぽつぽつ。

私はイカメタルと胴突き仕掛けのサオ2本で釣って数を稼いでいたが、胴突き仕掛けにはイカが乗ってきても1尾で、数が稼げない。イカメタルだと乗っても2尾までだが、手返し速く釣れるので数が稼げる。また、イカの足に掛かっても、ゆっくり上げると足切れを起こさず取れる。

夜焚きイカ釣行でトップ46杯 数釣りシーズン間近か【福岡・須賀丸】イカメタルで手返しよくヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

イワシの群れに遭遇

2時間もすると海面が騒がしくなり、よく見るとイワシが何かに追われて右往左往して逃げ回っていた。イワシを追っていたのはエソの群れで、その中にアオリイカの1kg級もいてイワシを捕食していた。ヤリイカなどもイワシを追って浮いてくるかと思っていたが、なかなか浮いてこない。

午前0時すぎごろから浮いてきて、ダブルやトリプルでスッテに掛かりだす。佐田さんには何か大物が掛かったようだが、PEラインに傷が付いていたのか、途中で切られて逃げられたようだ。

当日の最終釣果は

数釣りができだしたころに納竿になり、釣果は釣る人で49尾。今回は夏イカの15cm級以下は顔を見せなかった。夏イカが釣れだすと数も釣れるのだが、それがなかった。

夜焚きイカ釣行でトップ46杯 数釣りシーズン間近か【福岡・須賀丸】好乗りを満喫した(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
須賀丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎漁港港

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年7月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。