ファミリーフィシング王道『ちょい投げ』&『サビキ』で爆釣【愛知県】

ファミリーフィシング王道『ちょい投げ』&『サビキ』で爆釣【愛知県】

6月23日、ファミリーフィッシングに出掛けた。 場所は、愛知県・南知多町内海の内海海水浴場にある堤防だ。 日曜日なので釣り客が多いと思い深夜3時に出発した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

早々にキス連発

到着したのは、まだ夜が明けない真っ暗なときだった。 場所を確保して釣りの準備をしていると辺りは明るくなり始め、それと同時にたくさんの釣り客が次々と堤防に並んだ。

まずは3本のロッドを用意し、そのうち2本のロッドにアスリートキス3本仕掛け6号を結び、イシゴカイを付けてキャスト。 子供にキスの釣り方を教えてからロッドを手渡す。

そして、ゆっくり巻いてくると20cmのキスがすぐに釣れた。 子供たちは朝イチから興奮状態。次から次へと大型のキスを釣る子供たちは、まるで釣りのプロになったかのように釣り方を説明してくる。 本当に大喜びだ。

ファミリーフィシング王道『ちょい投げ』&『サビキ』で爆釣【愛知県】良型キスをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

アジサビキでも連釣

もう1本のロッドは、嫁がアジを釣りたいと言うのでサビキ仕掛けにした。 しばらく投入を繰り返していると小アジが釣れ始めた。 初めてアジを釣った嫁も大喜びだ。

ファミリーフィシング王道『ちょい投げ』&『サビキ』で爆釣【愛知県】アジ釣りが楽しい(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

私はイシゴカイのエサ付け係と釣れた魚を外してクーラーボックスに入れる係をしたのだが、大忙しで汗だくだ。やがてアジと同じくサバの群れも入ってきて5本バリ全てに釣れるほど。 2人の息子はサビキもしたいと交代しながらサバやアジを釣った。

ファミリーフィシング王道『ちょい投げ』&『サビキ』で爆釣【愛知県】交代しながらサバやアジをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

そうした状態が数時間、やがてエサがなくなり、午前8時には納竿することになった。 クーラーは釣れた魚でいっぱいだ。 この大量の魚を自宅に持ち帰って、さばく大変さを感じながら帰路についた。

釣果で豪華な夕食に

ファミリーフィシング王道『ちょい投げ』&『サビキ』で爆釣【愛知県】豪華な夕食はみんなのおなかの中に(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

ちなみに、今回ブロック氷と海水をクーラーボックスに入れて、釣れた魚をすぐに氷締めにしたため、自宅に帰ってさばいた魚はすごくプリプリと身が引き締まっていた。

皆さんにもぜひお勧めしたい。

その夜は大量の魚が食卓に並んだ。 豪華すぎる食卓に家族で「すごい豪華だね」と笑顔になった。

小アジは三杯酢、サバは唐揚げ、キスは塩焼き、カサゴは煮付けと、どれもおいしくて、あっという間に家族のおなかに入っていった。

今後の展望

これからアジは大きくなるため、キス狙いだけではなく、アジ狙いのサビキ仕掛けも釣り道具に入れておくとにぎやかな釣りになるかもしれない。 ぜひサビキ釣りの楽しさを子供たちに体験してもらいたい。

最後に、今からの時期は駐車料金(千円)が必要なので、釣り場に到着したとき、または帰宅するときに管理者に支払いを。

<週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
内海海岸海水浴場
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年7月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。