テンヤで5kg超頭にマダイ20尾 ラストで意地の良型【四季丸】

テンヤで5kg超頭にマダイ20尾 ラストで意地の良型【四季丸】

シンプルなタックルで楽しめる「ひとつテンヤ」だが、狙えるマダイは5kgオーバーと大物。そのスリルに魅了される釣り人も多く人気の釣りだ。今回、北九州市門司区の大里港から出船している「四季丸(岩本博行船長)」で、ひとつテンヤ釣行を楽しむ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 防野孝之)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

四季丸でテンヤマダイ釣行

午前7時、大里港から出船し、角島沖へと向かう。ポイントは風はなく多少ウネリがある程度。船長は「潮が動いておらず難しいかもしれないが、様子を見るため流してみよう」と、実釣をスタートした。

しかし、船長が言うように、なかなかアタリがない。ほかの乗船者にアタリはあるが、小型がぽつぽつと釣れるのみ。 そこで船長は、テンヤをタングステン素材のビンビンテンヤ8号に変更。乗船者がフォールでアタったとのことなので、アタリに集中した。 すると、船長がグンっとサオを素早く振り上げヒット。上がってきたのは1kg超えのマダイ。

その後、少し移動して水深60mのポイント。10時すぎ、ようやく潮が動きだしたようで、船長の予想通り船上ではマダイが上がりだした。 「もう少し型がほしい」と船長。そこでのアタリが遠のくと移動を開始。

水深は50m。そこでもマダイのプチラッシュや根魚、青物など釣れるが、サイズアップはしない。さらに移動を繰り返し、その都度船上ではマダイがヒットするが、やはり小型~中型のみだ。

場所移動で5kgが登場

ここで、船長が「大型を狙いに行く」と、大きく移動して水深60mのポイントに到着。「ここは大きいのいますよ!」と乗船者にアナウンス。

すると、船首で釣っていた城野さんのサオが当日一番の曲がりをみせた。しかし、ずっとイトが出続けて止まらない。大物の引きに耐えながら船首から船尾へと移動するが、イトは出続ける。なにかおかしいと船長も首をかしげる。 格闘すること約15分。

「やっと巻けだした!」と、城野さんは慎重にリールを巻き、引き寄せにかかる。浮いてきたのは、やはりマダイだった。タモですくい上げ横たわったのは5kgを超える大ダイ。よく見るとハリはエラに掛かっている。 口から外れ、エラに引っかかったようだ。

テンヤで5kg超頭にマダイ20尾 ラストで意地の良型【四季丸】5kg超えがヒット(提供:週刊つりニュース西部版 防野孝之)

城野さんは、カメラの前で大ダイを披露すると「疲れたー!」とベンチに横たわった。 こんな大ダイが横向きに海底から上がってくるのだから、重いはずである。しかも、ベイトロッドでPEラインは0.4号という細仕掛けで仕留めている。ファイトは実に20分を超えていた。 負けてられないと船長もさらに気合いを入れる。

次のページでラストの大物と当日の釣果!