投げキス釣行で20cm級15匹 遠投は置き竿がアタリ【田ノ浦漁港】

投げキス釣行で20cm級15匹 遠投は置き竿がアタリ【田ノ浦漁港】

7月8日、盛期に入った投げキスとタチウオワインドで、和歌山県の紀北に釣行した。当初は、和歌山市内にあるマリーナシティを予定していたが、工事のため立ち入り禁止。そこで、急きょ同市にある田ノ浦漁港に行き先を変更して、夕方の時合を狙って釣行してみた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

田ノ浦漁港に状況

田ノ浦漁港内の有料駐車場に到着したのが午後3時半過ぎだった。

東風が吹いており、雲天で、今にも雨が降りそうな天気だ。タックルを持って漁港の波止の東側に行くと、波止の先端寄りに数人のルアーマンとサビキの釣り人がいたので、姥石寄りの沖向きでタックルをセット。見ていると、足下のサビキ釣りで豆アジが数釣れている。海は、ささ濁りで水潮気味だ。

投げキス釣行で20cm級15匹 遠投は置き竿がアタリ【田ノ浦漁港】田ノ浦漁港の様子(提供:WEBライター・谷口墨人)

まずは投げキス釣りから

まず、盛期に入っているキスを投げ釣りで狙ってみた。キスバリ7号の3本バリ仕掛けに、エサのイシゴカイの頭をカットしてからセット。姥石寄りに投入するとシモリがきつくなるので、南東向きの100m沖に投入し、ゆっくりと引き釣りを始めた。

しばらく探り続けるが、沖合ではアタリがなく、波止際まで探った時にググッと強いアタリがきた。アワセを入れて寄せ始めるとグングンと引きが伝わり、右に左にと走り回る。ハリスが1.2号なので無理はできないが、剛引をロッドワークでかわし、水面まで浮上させると、良型の40cmオーバーのエソだ。エダバリに、マッチ箱サイズのチャリコが掛かっていたので、チャリコを追いかけていたら、ハリのエサに食いついたのだろう。

投げキス釣行で20cm級15匹 遠投は置き竿がアタリ【田ノ浦漁港】エソのお出まし(提供:WEBライター・谷口墨人)

近場で本命キス!

手前に魚の気配があるので、チョイ投げで探っていると、ブルブルと本命のキスのアタリがきた。次のアタリを待って、巻きアワセの要領でリールを巻いて寄せにかかると、グングンと心地いい引きが伝わってきた。抜き上げたのは18cmのパールピンクのキス。

投げキス釣行で20cm級15匹 遠投は置き竿がアタリ【田ノ浦漁港】20cmオーバーの良型も(提供:WEBライター・谷口墨人)

沖合は置き竿で連発

70m沖に投入し、置きザオにして休憩していると、グイグイと穂先が揺れている。周りのルアーマンに引っ掛けられたかと思ったが、これは本命のアタリだった。アワセを入れて寄せ始めると、グングンと心地いい引きを味わい、20cmクラスのキスをキャッチ。

沖合では引き釣りではキスが釣れなかったのに、不思議と置きザオでキスのアタリがあり、続々とキャッチしていく。また、チョイ投げでもボッボツとキスを追加していく。手前にはマッチ箱サイズのチャリコも多く、トラハゼのゲストも登場した。

投げキス釣行で20cm級15匹 遠投は置き竿がアタリ【田ノ浦漁港】キスとトラハゼ(提供:WEBライター・谷口墨人)

次のページでタチウオワインドを!