ライトタックル流用でウルトラライト投げキス満喫【兵庫県・須磨海岸】

ライトタックル流用でウルトラライト投げキス満喫【兵庫県・須磨海岸】

基本的に、1年を通してルアーフィッシングを楽しんでいるが、毎年、夏になると少しだけエサ釣りにも夢中になる。7月6日は神戸・須磨海岸でウルトラライト投げキスを楽しんだ。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・辻原伸弥)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ウルトラライト投げキス

よくレジャーの夏と言うが、夏場の釣りは暑さと太陽光による日焼けとの闘いで、とても過酷な釣行となりがちだ。年中釣りをするが、これからの季節はハンパない!しかしそんな夏本番の季節でもオススメなのが「ちょい投げキス釣り」。

サーフの女王と呼ばれ、古くから投げ釣りのターゲットとして愛される魚なのだが、メバリングやアジングで使用するライトなタックル用いて、砂浜で少し投げるだけで面白いように釣れるのだ。エサはアオイソメ、ゴカイを500円分も購入すれば十分。

ライトタックル流用でウルトラライト投げキス満喫【兵庫県・須磨海岸】アジングロッド使用で(提供:WEBライター・辻原伸弥)

7月6日早朝、神戸・須磨海岸へハッちゃんと釣行した。事前情報では、ポツポツと釣れてきてはいるようだが、本番とまではいかないようだ。

タックルを準備し、ファーストキャスト。リールからのラインにタル付きオモリの1~2.5号を結び、反対側のスイベルにハリス付きのキスバリを25cmほどの長さで結べば仕掛けは完成。

ライトタックル流用でウルトラライト投げキス満喫【兵庫県・須磨海岸】当日のタックル(作図:WEBライター・辻原伸弥)

テンコチが連発

この日は、大潮の満潮時と重なり、東向きの風が強く波が荒い。通常ならロッドを立ててアタリに集中するのだが、ラインが風にあおられアタリを取り難い状況だった。そこで、キャスト後すぐにロッドを倒し、水面付近で構えることで、風の影響を軽減させてアタリに集中する事ができた。

「コツ、コツ」と明確なアタリをアワわせると、ファーストフィッシュは、この釣りのゲストの代表格フグの登場だった。すぐに仕掛けを投げ入れると、今度はモゾッとしたアタリをとらえた。

上がってきたのはテンコチ(ガッチョ)だった。魚のサイズは10cm前後だが、ロッドティップが繊細なアジングロッドを使用している事でアタリも引きも楽しい。アタリの数は無数にあるのだが、アワせるのが至難の業!

ブルブルッとアタリを感じたと思えば、エサのゴカイはハリから消えている事も珍しくない。最初は風に苦しんでいたが、ロッドティップを下げてアタリをフッキングへと持ち込んでいった。

テンコチ連続ヒット

テンコチの連続ヒットに「キス釣れないかなあ」とすぐにエサを付け直しキャストするハッちゃん。実は彼女、この釣りに初めて挑戦した当初は、エサのゴカイすら触れなかった。しかし、キス特有のアタリを感じアワせるキス釣りに魅了され、今ではタックルの準備からエサ付けまで全部1人で完了してしまうほどに成長した。

遠投する必要性は全くなく、波打ち際や堤防の付け根付近からチョイと5mも投げればOK。後はラインを軽く張った状態でロッドを下げ、リールを巻いて、オモリで海底の砂を巻き上げるように、少しずつ仕掛けを動かしていきながら、魚にアピールするのがこの釣りの基本動作なのだが…。

アタリで魚を判別する面白さ

キモとなるのは、魚からのアタリ。フグの場合だと「コン、コン」とか「カツ、カツ」と勢いのある明確なアタリが多い。テンコチの場合は「モゾモゾ」とか「プルプル」とした可愛いアタリが多い。

本命のキスの場合は「ブルブルブル」と、突然、勢いよくロッドティップが引き込まれる強いアタリが発生する。波打ち際からすぐのカケアガリ付近や、藻場付近を狙っていくのがセオリーなのだが、キスは1カ所に集まっているケースが多いので、キスが好むピンポイントを探っていく事が釣果を左右する。

ライトタックル流用でウルトラライト投げキス満喫【兵庫県・須磨海岸】独特の引きでキスヒット(提供:WEBライター・辻原伸弥)

この時期のキスは、オモリの重さやハリのサイズ交換でもアタリがかわる。さらにハリに付けるエサの大きさでも、食いがかわるのだから「チョイ投げキス釣り」がいかに奥深いのかが想像できるだろう。

天ぷらサイズゲットで満足

ルアーフィッシングに通じる面白さが隠されているのか、この時期になるとなぜか夢中になる釣りなのだ。

「これ、キスだよ」と、ロッドを曲げてハッちゃんが叫ぶ。20cm弱の結構いいサイズだ。キスの付き場所を見つけたのか?フグの猛攻にあうこちらを尻目に、この後10~20cmのキスを連続ヒットへと持ち込んだ。「キス釣り最高」と、この日も天ぷらにできるサイズのキスをゲットできて大満足。

ライトタックル流用でウルトラライト投げキス満喫【兵庫県・須磨海岸】20cm級のキスがヒット(提供:WEBライター・辻原伸弥)

ライトタックルで是非お試しを!

持ち物は、ロッド&リールにエサと小型のクーラーだけ。メバリングやアジング同様に軽装で楽しめるのも、この釣りの魅力だ。同じ砂浜でも、藻場やシモリなど障害物が多いエリアではエギングロッドが使いやすいし、須磨のような普通の砂浜ならメバリングやアジングタックルで十分楽しむ事ができる。

もちろん、釣り上げたキスは天ぷらにして食べれば最高に美味い。早朝5~8時の涼しい時間帯を狙うだけで、タイミングが合えば入れ掛かりも決して珍しくない。ぜひこの夏、ご家族でカップルで挑戦されてみてはいかがだろうか?

<辻原伸弥/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
須磨海岸
所在地:兵庫県神戸市須磨区