東海エリアでも絶好調の『エギタコ』釣り 2019は全国的にアタリ年

東海エリアでも絶好調の『エギタコ』釣り 2019は全国的にアタリ年

6月22日、鬼頭さん、鈴木さん、船長のTさんと私で沖を目指す。 愛知県・知多方面のポイントに着きすぐ開始。 狙い物はタコで、皆がそれぞれのタコエギで探る。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

当日のタックル

当日のタックルは、ロッドがオーシャンソードテクニカルライト0S‐67MLBにリールはオシアコンクエスト201HGを使用。ラインはレグロH‐PEキテラ0・8号、リーダーはパワーアクセルフロロカーボン30LBを選んだ。

ルアーは各種タコエギまたはエギにシンカーチューンを使用した。

知多方面でエギタコ釣り

鬼頭さんのタコエギは、ブレードとスプーンみたいな飾り物が付いており、船長のTさんは白っぽいタコエギ、鈴木さんはいろいろなソフト素材も付け、私はノーマルのタコエギで5連サルカンを挟んだシンカーのチューニングで始めた。

すぐに「ヒット~」、「チェックメイト~」など声を上げたのは鬼頭さん。 最初からスタートダッシュを決めたようだ。

東海エリアでも絶好調の『エギタコ』釣り 2019は全国的にアタリ年本命をゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

早朝は小雨も降ったが、和気あいあいのなかポツポツと釣れ続き、タコのご機嫌も予想以上に良く、誰かがヒットさせて盛り上がり船上は笑いが絶えず、あっという間に時間が過ぎていく。

東海エリアでも絶好調の『エギタコ』釣り 2019は全国的にアタリ年ヒットに笑みがこぼれる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

当日の最終釣果

終了時間がきても誰も片付ける様子もなく、私だけ1匹釣ったところで終了。 ちょうど時合いのようで、全員が渋々帰り支度を始めた。

東海エリアでも絶好調の『エギタコ』釣り 2019は全国的にアタリ年タコ釣りを堪能できた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

今回はT船長のお世話になったが、禁漁エリアもあるようなので、その辺りはよく調べておいた方がいいだろう。

私は7匹持ち帰り、孫たちもたこ焼きを作り楽しめた。 今後は分からないが、好調が続いてほしいと願っている。

<週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
愛知県・知多方面
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年7月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。