ウキ下&ウェイト微調整で30cm超え連発 大会優勝!【兵庫・三尾】

ウキ下&ウェイト微調整で30cm超え連発 大会優勝!【兵庫・三尾】

7月7日、梅雨の合間の入れ予報で、風もなく雨の心配もない中、チーム鬼掛兵庫ウキ下&ウェイト微調整で30cm超え連発 大会優勝!【兵庫・三尾】支部の大会で兵庫・新温泉町三尾の磯に釣行してきた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

一級磯のノコギリへ渡礁

神戸を午前0時に出発し、3時過ぎに現地へ到着した。途中、生野銀山を過ぎた辺りからポツポツと雨が降りだしたが、到着するころには雨も止み、3時30分から競技説明と抽選を行った。

ウキ下&ウェイト微調整で30cm超え連発 大会優勝!【兵庫・三尾】当日の参加者(撮影:webライター・永井芳明)

今回の参加人数は、スタッフも含め総勢21人。抽選の結果、私は13番。今回お世話になった三尾の前田渡船は、船が小さく2便の渡船に分かれての出港となった。私は、2便目に乗船し降りた磯は、三尾の磯の中でも一級磯と言うわれるノコギリだった。

ウキ下&ウェイト微調整で30cm超え連発 大会優勝!【兵庫・三尾】荒々しいノコギリ磯(撮影:webライター永井芳明)

当日は、まだウネリがあり、船着き場と先端との2カ所で釣りを開始した。始めのポイントは、私に優先権があったので船着き場を選択してスタートした。

まずはスルスル仕掛けで

仕掛けは、サオががま磯アルデナ1.5号にレバーブレーキ付きリール、ミチイトはアトミックスライダー磯1.5号、ハリスはウルトラフレキシブル磯2号にハリは鬼掛・極軽ストレート6号を使用した。まずはエイジアLCの0号ウキでウキ止めなしのスルスル仕掛けでグレを狙っていく事に…。

ウキ下&ウェイト微調整で30cm超え連発 大会優勝!【兵庫・三尾】当日の仕掛け(作図:webライター・永井芳明)

期待を込めて一投目。足元に5杯ほどまきエサを入れると、スズメダイが群がってくる。仕掛けをサオ1本先に投入し、魚の居る所まで入れていく。アタリがなく仕掛けを回収すると、さしエサがなくなっている。

2投目もアタリが出ない状態でさしエサがなくなった。そこで仕掛けを変更することにした。

タナ&ウェイト調整で口太グレ

ウキ止めを付けた状態で、ハリから2ヒロの所にウキ止めを付けて固定にし、状況を見る。するとこの日初のアタリがあり、上がってきたのはフグだ。そこで少しタナを深くする。ウキ止めを移動し2.5ヒロにして仕掛けを投入していく。

幾分ましになったが、どうも仕掛けの馴染みが悪くウキを変更する事にした。次に使ったウキはゼクトαのBを選択した。ウキの浮力に合わせ、ガン玉Bをナビの下に付けて仕掛けを投入する。

今度は、仕掛けの馴染みもバッチリでアタリを待つ。その答えはすぐにでた。

馴染んだウキがゆっくりと消し込まれ、アワせるとシャープな引きで楽しませてくれる。上がってきたのは30cmくらいの口太グレだ。タモ入れも決まりキープする事に…。

「ここからが本番」と仕掛けを投入していくが、グレのサイズがだんだん小さくなり、規定サイズの23cm以上がなかなか釣れない。

3ヒロで尾長グレ6連発

今度は、さらに仕掛けを変更し、タナを3ヒロにした。仕掛けが馴染み、すぐにアタリが出た。上がってきたのは33cmほどの尾長グレ。そこからパターンに入り、30cm前後の尾長グレが立て続けに6尾釣れ、規定枚数をクリアした。

規定枚数を揃えたので、次は少しでも大きいのを狙うため、仕掛けの投入位置をかえたりタナをかえたりしながら狙っていくも、また、リリースサイズのグレばかりに。

そのころには、太陽が出て蒸し暑さが襲ってくる。水分補給をしながら黙々と仕掛けを投入していくが、入れかえができず納竿の時間になり終了した。

次のページで大会の結果は?