強風&大潮のイカメタル釣行で20杯 日ムラ大きく要リベンジ【進洋丸】

6月4日、山口県萩市の萩マリーナから出船している進洋丸にお世話になり、イカメタルへ行ってきた。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:藤井貴之)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

当日の状況

午後6時30分、10人で出船し、30分ほどで釣り場に到着。強風が吹き荒れ、予報では夕方から夜にかけて雨模様で雷注意報が出ていたが、きれいな夕日が見える晴天だった。

暗くなって集魚灯の効果が出るまではイカの釣果は芳しくないとの船長の話もあり、各自準備やタイラバに興じて時間をやり過ごし、8時ごろに点灯。

潮速く苦戦

点灯(提供:藤井貴之)

相変わらず風は強く、大潮で潮も速く、水深は50mながらイトは75~80m出される釣りづらい状況。魚探(魚群探知機)に反応はあるものの、釣果がないまま時間がすぎていく。

点灯から1時間ほどすぎたあたりで、ようやく同船者にファーストヒット。

底から10mほど上げた所でアタったとのこと。徐々に船中各所でアタリが出始め、私も何とか今期の初イカをゲット。しかし連チャンモードにはなかなか入らず、苦しい展開。

テンションフォールで連発

タックル図(提供:藤井貴之)

徐々に潮が緩み始めた10時30分ごろ、ようやく仕掛けの落下角度も落ち着いて好反応。

潮上に20~30mキャストして、テンションフォールで船下まで振り子状に誘うパターンがハマり、ようやく連チャンモードに。

しかし、これもあまり長続きはせず、納竿1時間ぐらい前からアタリも遠のき、午前0時に無念のストップフィッシング。

最終釣果

良型も釣れてはいたが・・(提供:藤井貴之)

21尾という釣果だった。ほかの人たちも20~30尾と、ほぼ同程度で「厳しかった」と口にされていた。

前日は1人60~80尾近い釣果がでていたそうで、日ムラが大きいのかも知れない。

例年、イカの釣果はこれから上向いてくるので、また機会を作ってリベンジしたいと思う。

<週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
進洋丸
出船場所:萩マリーナ
この記事は『週刊つりニュース版』2019年6月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。