イカメタルで釣ったムギイカ泳がせ65cmマダイ イカダイ釣行【福井】

夜焚きイカのシーズンに入り全国でも釣果が聞こえてきた。ここ福井日本海も例外ではない。今回は、釣ったイカでマダイを狙うイカダイ釣りに出かけてみた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

敦賀沖のムギイカ漁場へ

6月1日、福井県敦賀市色ケ浜の泰丸で、深夜便でムギイカ釣りに出かけた当日はハリミツの石塚さん、釣友の星野さんと船宿の駐車場で待ち合わせた。

午後9時前に到着すると、大勢のアングラーでにぎわっていた。この日の深夜便は22人の満席で、大人の夜遊びであるイカ釣りは超人気だ。私たち3人はイカメタルなので、座は左舷トモ。両舷ミヨシは胴つきアングラーだ。

9時30分、敦賀沖のムギイカ漁場に向かう。

親父船長はムギイカ釣りとイカダイが狙えるポイントを目指すとのこと。

前日はムギイカの泳がせで「マダイは大型ぞろいで20匹超えたよ。」とのこと。やがてエンジン音がスローになると、パラシュートが入る。

沖の波風はともに穏やか。

まずはイカメタルでムギ狙い

「水深98m、鉛スッテ20号、胴つきはオモリ80号を準備してください。」と船長の指示。そして「ムギ狙いのタナは60~90mです。イカダイする人は午前2時すぎからお願いします。」

まずはムギイカ釣りに徹して、お土産確保してからイカダイだ。

タックル図(作図:鈴木利夫)

サミングしながら落とし込み、ベタ底からシェイクで誘い上げる。すると底から5m付近でティップが押さえ込まれ、イカの重みが伝わる。

「よっしゃ、乗せたぞ!」と大声で叫んだ。巻き上げると、鋭い突っ込みが伝わる。やがて海面下から中スルメが浮上してきた。やはりムギイカは底付近にいるようだ。

ここから終始底付近を狙う。激しいシェイクで誘い続けると、サオ先が浮いたり突っ込んだりとイカメタルの面白さを堪能する。

石塚さんと星野さんも同様に誘っているが苦戦している。私はドロッパーにピン刺しでササミを付けたのが良かったようだ。

スルメにムギに連発

やがて巻き上げ途中にドスンと半端ない重みを感じた。重量感と引きを楽しみながら巻き続けると、スルメイカのダブルが浮上。さらに数値50~60m付近でムギイカが乗りだしてきた。

スルメダブル(提供:鈴木利夫)

サミングしながら落としていくと、イトフケが出てムギイカが乗ってくる。船べりでは水鉄砲が飛び交い、かわいいムギイカが次々取り込まれる。取りあえず泳がせ用のムギイカを確保。

ここからプチ時合いになり、石塚さんと星野さんがも連発。足元のイケスはムギイカと中スルメで満タン近くになってきた。

そして「イカダイもOKですよ!」とアナウンス。

次のページでイカダイ開始