超高活性の小アユ釣りで1時間で100匹達成 まきエサはサバ缶?

超高活性の小アユ釣りで1時間で100匹達成 まきエサはサバ缶?

数年に一度、梅雨時になると琵琶湖に流れ込む河川での小アユ釣りに出掛けている。雨で河川の雨量が増すことで、琵琶湖から小アユが遡上してくるのだ。滋賀県甲良町の犬上川で小アユがよく釣れているという情報を得たので、6月23日に嫁と一緒に釣行した。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・長谷川靖之)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

ゆっくり出発が嬉しい小アユ釣り

午前9時、普段の投げ釣りではありえない遅い時間に自宅を出発した。名神高速彦根ICを下りてから約10分で釣り場に到着した。たくさんの家族連れが小アユ釣りを楽しんでおり、見ている間にも次々と釣り上げている。私たちも早速河川敷に下り、空いたスペースで釣りを開始する。

超高活性の小アユ釣りで1時間で100匹達成 まきエサはサバ缶?釣り場の様子(提供:WEBライター・長谷川靖之)

サバ缶とパン粉がまきエサ?

この釣りではまきエサで小アユを寄せて釣るので、まずはエサ作りから。エサは最近何かと話題になっているサバ缶とパン粉を混ぜるだけの単純なものだが、水中で適度にバラけるくらいのブレンド割合が大切だ。当日は200gのパン粉にサバ缶1つを混ぜてまきエサとした。

仕掛けは3.6mのノベザオで、ミチイトは1号、玉ウキの下に、小アユ用市販サビキ2号をセットして、サビキの下にまきエサを付けるらせんオモリをセットする。

ウキ先行が重要

仕掛けを振り込んで、ウキを川下に置きながら仕掛けを流し、川上からまきエサをバラけさせてサビキ仕掛けと同調させることが釣果を上げるコツである。

すると早速、ギラッと小アユが反転するのが見えた後、ウキがピュッと引っ張られる明確なアタリが出た。軽くアワせて手元に飛び込んできたのは、小アユとは呼べないような15cmクラスの「アユ」だ。

超高活性の小アユ釣りで1時間で100匹達成 まきエサはサバ缶?キレイなコアユ(提供:WEBライター・長谷川靖之)

例年よりもサイズが大きいと聞いていたが、このサイズになると塩焼きも十分に可能だ。

川面をのぞくとたくさんの小アユの魚影が見え、渇水後の降雨で琵琶湖から一気に遡上し始めたようだ。サオを嫁に渡して、私は魚を外す係に徹する。

超高活性の小アユ釣りで1時間で100匹達成 まきエサはサバ缶?好調にヒットする小アユ(提供:WEBライター・長谷川靖之)

活性高く入れ食い!

例年であれば、100匹釣るのに一日かかるくらいのペースだが、当日は魚影、活性ともに高く、次々と釣れてくる。時には4連で掛かることもあるが、ハリのサイズと魚のバランスが悪く、抜き上げ時にポロッと外れることも度々あった。しかし、そんなことを気にする間もなく次々と釣れてくるので楽しい。

釣った魚は百円ショップなどで販売されているランドリーネットに入れると、手返しが早くストレスなく釣ることができる。

超高活性の小アユ釣りで1時間で100匹達成 まきエサはサバ缶?釣った魚はランドリーネットに(提供:WEBライター・長谷川靖之)

開始1時間で100匹を突破。さすがに釣り過ぎても後の処理が困るので、200匹で納竿すると決めて釣りを続けた。

次のページで気になる最終釣果発表