チヌ狙いフカセ釣りで45cm頭に18尾 落とし込みに続いて絶好調!

チヌ狙いフカセ釣りで45cm頭に18尾 落とし込みに続いて絶好調!

6月23日は会友の小林氏と、好調の堺港へ夢フィッシングにお世話になりフカセ釣りでチヌを狙って釣行した。落とし込みほどではないが、フカセ釣りでもポツポツと釣れており、状況がよければ2ケタ釣果も望めるようだ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷脇英二郎)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

バラ石でチヌ狙いのフカセ釣り

船長にあいさつを済ませて4時の船で出船。船内は多くのチヌ師や青物狙いの釣り人で満船状態。当日はセル石に渡堤を予定していたのだが、落とし込みの釣り人が多そうだったので混雑を避けて隣に続いているバラ石のテトラ帯からサオを出すことにした。

チヌ狙いフカセ釣りで45cm頭に18尾 落とし込みに続いて絶好調!当日のタックル(作図:WEBライター・谷脇英二郎)

バラ石は潮通しのいい広大なテトラ帯で、チヌをはじめ根魚など魚影は濃い。また、比較的きれいに並べられたテトラ帯なので、釣り座の確保がしやすい釣り場である。

当日のエサ

当日用意したまきエサは、オキアミ1.5kgにマルキユーの湾チヌスペシャルと爆寄せチヌを混ぜ合わせたもの。さしエサはくわせオキアミスペシャルLサイズ、食い込みイエロー、コーン、さらに練りエサの食い渋りイエローと荒食いブラウンを用意した。

チヌ狙いフカセ釣りで45cm頭に18尾 落とし込みに続いて絶好調!当日の使用したエサ各種(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

きれいなウキ入れでまずは30cm

朝は潮が高いのでウキ下を2ヒロ半に合わせ、サオ3本ほど沖を狙って釣りをスタートした。早々からフグらしき魚にエサが取られた形跡があり、期待が持てる。多めにまきエサを打っていると、チヌが寄りだしたのかフグが大人しくなった。チャンスとばかりに打ち返すと、きれいなウキ入れが出て30cmほどのチヌを釣り上げた。

釣り方は間違っていないのでさらなる良型を狙い打ち返していくと、ウキを海中へ消し込むアタリ!

引きを味わいながらタモへ収めたのは40cmオーバーのこの時期ではまずまずのサイズ。この時期のチヌは乗っ込み期とは比べ物にならないほどパワフルで、元気な引きが味わえるのが魅力だ。

チヌ狙いフカセ釣りで45cm頭に18尾 落とし込みに続いて絶好調!サオを曲げる小林氏(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

エサ取り増えればさしエサをローテ

その後オキアミではエサ取りに取られることも出てきたので、さしエサのローテーションで飽きさせないように狙っていく。するとコーン、練りエサでも頻繁にアタリが出て、チヌの追加に成功。ウキ下も次第に浅くなり、2ヒロ弱ほどのタナまで浮いて豪快なアタリを出してくれる。

小林氏もポツポツとアタリをとらえチヌの引きを楽しんでいる。そして私が小林氏の元に休憩がてら冷やかしに行った時にもアタリがあり、45cmの納得サイズを釣り上げた。

チヌ狙いフカセ釣りで45cm頭に18尾 落とし込みに続いて絶好調!釣友も本命を好調に(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

私も釣りを再開すると、すぐに当日のアベレージサイズである42~43cmのチヌの追加に成功。そして、一際パワフルな引きを見せる魚がヒット!テトラ際を走り回る引きで、私も魚に合わせてテトラを移動し魚を怒らせずにじわじわ浮かせにかかる。現れたのは、そのパワフルな引きから想像したサイズよりも小さい45cmのチヌであった。

チヌ狙いフカセ釣りで45cm頭に18尾 落とし込みに続いて絶好調!私と45cmのチヌ(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介