投げサビキ釣り(ウキサビキ)解説 昼間のアジ釣りに有効な仕掛け?

投げサビキ釣り(ウキサビキ)解説 昼間のアジ釣りに有効な仕掛け?

サビキ釣りは足元を狙うことが多い釣りですが、アジが堤防際に寄らないときなど沖を狙う必要がある場面が存在します。そんな時に活躍するのが飛ばしウキを使った「投げサビキ釣り(ウキサビキ)」。今回は投げサビキ釣りが有効な場面や、仕掛けの特徴、釣り方のコツを解説していきます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS関西 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

投げサビキの釣り方

基本はカゴにコマセを詰めて、根周りや潮目など変化のあるポイントに投げます。仕掛けがタナに到着したら、竿を煽ってコマセを撒き、アタリがあるまで待つだけです。

あまり広範囲に探るのでなく、決めたポイントにこまめに打ち返して、コマセを効かせることがコツになります。

タナの設定が重要

飛ばしウキを使用する場合に気をつけたいのが、ウキ下の調整。せっかく沖の深場まで、仕掛けが届いても、設定したウキ下が浅く、まきエサや仕掛けがアジの群れに到達していなければ反応はありません。何度か同じポイントに仕掛けを投入しながら、ウキ止めの位置をズラしてアタリの出るタナを探りましょう。

昼間なら底狙いが基本

昼間であればタナは底狙いが基本で、仕掛けの最下部に付いたオモリやアミカゴが海底ギリギリにくるようにセッティングします。底周辺を丹念に探ることで、早朝のような入れ食いはないものの、アジが釣れ続くケースが多いです。

また、竿下で豆アジが釣れ盛るような場所でも、少し沖の深場を攻めると、20cm以上の良型アジが集まっていることもあります。

投げサビキ釣り(ウキサビキ)解説 昼間のアジ釣りに有効な仕掛け?沖では良型アジが釣れ盛ることも(提供:TSURINEWS関西編集部)

手軽で初心者にも十分楽しめるサビキ釣りですが、ウキをセットするだけで釣果が倍増なんてことも。ぜひ試してみて下さい。

<松村計吾/TSURINEWS編集部>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。