今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・間瀬湖】

今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・間瀬湖】

埼玉県本庄市にある間瀬湖が絶好調だ!とくに舟釣りでは竿10尺浅ダナで44kg以上と大釣りを記録した人もいるほど。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース熊谷充)

Avatar photo TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

間瀬湖の概況

長竿チョウチンでもよくウキが動くので、アンチ短竿ファンも多く通っている。さまざまな釣り方に応えてくれる、今もっとも熱い釣り場の一つではないだろうか。首都圏からも高速道路を使って至近なので、ぜひ出かけてみてほしい。

今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・間瀬湖】釣り場概況図(作図:週刊へらニュース熊谷充)

8月22日現在、水位は満水。水色は若干の濁り気味。よって浅ダナ有利の状態で21日にはタナ1本のトロ巻きセットで44kg以上の爆釣が記録されている。本来の透明度に戻らない限り、しばらくは浅ダナ有利の釣りが続くと思われる。

今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・間瀬湖】釣れる釣り場は大人気(提供:週刊へらニュース熊谷充)

なおチョウチンが釣れないわけではなく、深いタナ(21尺前後)であれば濁りに影響されにくいだろう。

ポイント

まだ暑い日が続いているので、太陽を背にできる第一・二石垣前など西向きのロープが人気。エサ打ちも多くされているので、特別な理由でもなければ西向きのロープに入ったほうが無難。

今週の関東ヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉県・間瀬湖】第一石垣前で絞る(提供:週刊へらニュース熊谷充)

舟路を挟んで東向きでも釣れるが、西向きと比べるとアタリ出しに時間がかかる。また正面に桟橋があるエリアだと、魚の奪い合いになる。そのため東向きに入るなら竹ヤブ前など、前に桟橋がないエリアがお勧めだ。

次のページで間瀬湖での釣り方とエサを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。