日中にもアジを釣るなら『投げサビキ』がオススメ マヅメは足元有利?

日中にもアジを釣るなら『投げサビキ』がオススメ マヅメは足元有利?

大阪湾の波止はサビキ釣り真っ盛り。現在は10cm前後の豆アジもひと潮ごとに大きくなる。そうなると出てくるのが、早朝や夕方の時合いしか釣れない問題だ。今回は、日中でもアジを拾い続けて釣果を伸ばすひと工夫を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:関西編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

豆アジは時間問わず釣れる

6月から釣れ出した大阪湾の各波止では、豆アジが10cm前後になり、時間を問わず釣れ盛っている。ところが、アジがもう少し大きくなってくると、よく釣れる時間帯と釣れない時間が顕著に分かれるようになる。

日中にもアジを釣るなら『投げサビキ』がオススメ マヅメは足元有利?豆アジは真っ盛りです(提供:TSURINEWS関西編集部)

そのいい例が、現在、早朝や夕方の短時間集中で釣れている20~25cmの良型アジで、この群れは昨年の豆アジが育ち、秋に15~18cmに成長した群れである。初夏は良型と豆アジが入れ混じって釣れる季節である。

成長すると日中は釣れない?

ところが豆アジの成長は早く、7月も中旬になるとサイズが大きい物で15cm近くになってくる。こうなると、日が高く昇った日中は、忽然と群れが居なくなり、「時合い終了」と納竿を告げる人も多くなる。

短時間でササッと釣って、早々に帰る人はいいが、せっかくの休日にのんびりと海で過ごしてもう少しアジを釣りたい…なんて人のために、ちょっと試してみるといい釣りを紹介。

それが飛ばしウキを使った投げサビキ釣り。特に早朝の時合いに、サオ下で入れ食いになるのに、日が高くなるとピタリとアタリが止まるような釣り場でいい思いをすることがある。まずはそのための準備を解説。

日中にもアジを釣るなら『投げサビキ』がオススメ マヅメは足元有利?飛ばしウキが必携アイテム(提供:TSURINEWS関西編集部)

投げサビキ釣りのセッティングを

サビキ釣りは、ハリ数は多いものの仕掛け自体はできあいの市販品を使う事がほとんどだろう。なので、リールからのイトをガイドに通して、その先に市販のサビキ仕掛け、そしてカゴオモリをセットすれば簡単に釣りがスタートできる。

ただ、その後の事を考えて最初から飛ばしウキをセットできるようにシモリペットとウキ止めを付けておく。これだけで、突然、アタリが止まった瞬間にウキをセットすればサオ下よりもさらにその沖を瞬時に釣る事ができる。

日中にもアジを釣るなら『投げサビキ』がオススメ マヅメは足元有利?飛ばしウキをセットするシステム(提供:TSURINEWS関西編集部)

ほんの少し沖の深場に集結?

で、忽然と姿を消す…と言うのがキモで、実はサオ下辺りでさんざんエサを食べて一段落すると、アジの群れは波止際から離れて少し深場に移動することが多いのだ。

特に波止際に捨て石や敷き石が入っているような護岸の場合、捨て石エリアの先は落ち込んでいて、少し深くなっている場合がある。アジはその深くなったすぐ先に集まっている事が多い。そこを投げサビキ釣りで、直撃しようと言う寸法だ。

日中にもアジを釣るなら『投げサビキ』がオススメ マヅメは足元有利?飛ばしウキ(提供:TSURINEWS関西編集部)

飛ばしウキを使用する場合の注意点としては、ウキ下の調整が挙げられる。せっかく沖の深場まで、仕掛けが届いても、設定したウキ下が浅く、まきエサや仕掛けがアジの群れに到達していなければ反応はない。

何度か同じポイントに仕掛け投入しながら、ウキ止めの位置をズラして、できれば仕掛けの最下部に付いたマキエカゴが海底ギリギリにくるようにセッティングしよう。その周辺を丹念に探る事で、早朝のような入れ食いはないものの、アジが釣れ続く事が多い。

次ページでカゴの重さを解説