【響灘】SLJ&ジギング&タイラバ釣果速報 7マダイにジャンボイサキ

【響灘】SLJ&ジギング&タイラバ釣果速報 7マダイにジャンボイサキ

九州の有名ポイント響灘。イサキシーズンが始まり、スーパーライトジギングでも好釣果が。今回はスーパーライトジギング(SLJ)タイラバ、ジギングの最新釣果情報をまとめて紹介します。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

GREEN

6月18日、北九州市小倉北区・高浜港のGREEN(グリーン)がタイラバで響灘方面に出船。この日は、ロックフィッシュをメーンに狙うと船中では大型アコウ50cmオーバーを頭に良型交え数ヒット。ほか、ボッコやアオナ、イサキ、マダイなども上がり多彩な土産ができている。

【響灘】SLJ&ジギング&タイラバ釣果速報 7マダイにジャンボイサキアコウ50cm(写真提供:GREEN)
▼この釣船について
GREEN
出船場所:小倉北区高浜港周辺

Trip(トリップ)

6月17日、北九州市戸畑港から案内中のTrip(トリップがイサキ狙いのチャーター便・SLJで響灘方面に出船。乗っ込みシーズン中とあってヒットするイサキはどれもがナイスサイズ。船中最大46cmを頭に17尾と数キャッチしたほか大型マダイ87cm8.7kgと79cmを含め5尾、ブリ3kg7尾、ヒラゴ、小アラ、タカバなども仕留めた。

【響灘】SLJ&ジギング&タイラバ釣果速報 7マダイにジャンボイサキ良型のイサキ(写真提供:Trip)

釣行するなら今が大チャンス。写真は大型を釣った吉田さん。

▼この釣り船について
Trip
出船場所:戸畑港

Elephant(エレファント)

6月18日、北九州市・小倉港のElephant(エレファントがタイラバで響灘方面に出船すると、本命のマダイは順調にヒットし続け、船中では65cm頭に60cm以上を9尾含め17尾キャッチ。ほかにもレンコ数、イトヨリ、アオナ、ホウボウなども交え土産十分の釣果。

【響灘】SLJ&ジギング&タイラバ釣果速報 7マダイにジャンボイサキ良型マダイ(写真提供:Elephant)

なお、今後はイカメタルのみで出船を開始する。

▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

亀吉

6月16日、北九州市門司区・大里港の亀吉は、響灘方面にスーパーライトジギングで出船。シケで渋い中でも、45cmクラスのジャンボイサキや大ダイ、アコウ、アラカブなど多彩な好ヒット。写真の三明さんもジャンボイサキを披露してくれた。

【響灘】SLJ&ジギング&タイラバ釣果速報 7マダイにジャンボイサキジャンボイサキ(写真提供:亀好)

イカメタルも出船中。詳細はfacebookで。

▼この釣り船について
亀吉

光生丸

6月17日、北九州市若松・北湊の光生丸がスロージギング・ジギング・SLJ(スーパーライトジギング)で響灘方面に出船。序盤からヒラマサ・ヒラゴが連発すると、ジグのフォール中には大本命の大型イサキが好ヒットする状況。乗っ込みシーズン中の丸々としたグッドサイズを仕留めている。

【響灘】SLJ&ジギング&タイラバ釣果速報 7マダイにジャンボイサキ大型イサキ連発(写真提供:光生丸)

ほかにもヤズ5kg、マダイ、アコウなども上がったようだ。

▼この釣り船について
光生丸
出船場所:若松・北湊から響灘に出船

響灘:祥季丸

6月9日、北九州市門司区・大里港の祥季丸は響灘沖に出船。タイラバでマダイは3kgクラスを筆頭に数も順調にヒットした。

【響灘】SLJ&ジギング&タイラバ釣果速報 7マダイにジャンボイサキ3kgマダイ連発(写真提供:祥季丸)

ほかにもアマダイやレンコに青物も追加して好土産を持ち帰った。今後も好釣果有望だ。

▼この釣り船について
祥季丸
出船場所:大里港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年6月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。