キス狙いの投げ釣りでキープ14匹 投点変えればアタリ復活【大阪府】

キス狙いの投げ釣りでキープ14匹 投点変えればアタリ復活【大阪府】

6月に入り大阪府の泉南では投げ釣りでのキス狙いが盛期に入った。そこで6月19日、泉南の鳥取の荘から樽井周辺を狙ってみた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

西鳥取漁港でキス狙いの投げ釣り

早朝の4時すぎ、まずは鳥取の荘の西鳥取漁港に行ってみる。夜が明けてから波止の先端に行き、サオを出してみた。東風が吹いていて穏やかで、潮は上げてきていた。エサのイシゴカイの頭をカットしてから、3本バリ仕掛けにセット。80m沖に投入し、ゆっくりと引き釣りをする。

キス狙いの投げ釣りでキープ14匹 投点変えればアタリ復活【大阪府】使用したテンビン

しかし、海底には海藻が群生していて、引き釣りをするとテンビンや仕掛けに絡み付いてくる。投入ポイントをかえても、仕掛けを回収する度に海藻が絡み付いてくる。昨シーズンは海藻が切れていてキスの好釣果があったが、今シーズンは海藻が切れるのが遅れている。

樽井へ移動

しばらく投入を繰り返したが、キスからのシグナルはなく釣りにならないので、昨シーズンにキスが好調に釣れた泉南の樽井に移動した。

樽井漁港の沖向きはキス狙いの好ポイントだが、テトラ帯で足場が悪い。一方、漁港の西側の男里川尻にある石積みの波止は、足場がよくキス狙いの好ポイントだ。ただ、人気スポットだけにいつ行っても釣り人がいる。当日はうまく石積みの波止が無人だったので、そこの先端に釣り座を取れた。

キス狙いの投げ釣りでキープ14匹 投点変えればアタリ復活【大阪府】男里川河口の石積み波止

引き釣りでキスダブルヒット

タックルをセットし、3本バリ仕掛けにエサのイシゴカイを付け、100m沖に投入。沖向きは砂底なので、ゆっくりと引き釣りをする。

すると、すぐにブルブルと、キスのアタリがあった。しばらく待って、次のアタリがきてから巻きアワセの要領でリールを巻いて寄せ始めると、グッグッと心地いい引きが伝わる。

やがて海面に浮上したのが、パールピンクの魚体のキスのダブルだ。ゆっくりと抜き上げたのは17cmクラスのキス2匹。

キス狙いの投げ釣りでキープ14匹 投点変えればアタリ復活【大阪府】17cmほどのキスがダブルでヒット

次投は、15cmのキスとガッチョ(ネズミゴチ)がダブルで釣れてきた。泉南ではガッチョが少なくなってきたが、ここでは小型のガッチヨもよく釣れてくる。

キス狙いの投げ釣りでキープ14匹 投点変えればアタリ復活【大阪府】続いてはキスとガッチョが登場

投点変更でアタリ復活

アタリがなくなっても、投入ポイントをかえればまたアタリが出始める。ただし、12cm以下のピンギスも多く、ダメージが少なければリリースしていった。

刺し網が投入されている所もあったが、しばらくすると漁船が刺し網を上げにきて、より広範囲を探ることできるようになった。

キス狙いの投げ釣りでキープ14匹 投点変えればアタリ復活【大阪府】当日最大の19cm

やがて日が高くなってくると、日差しで暑くなってきた。置きザオで狙ってみると、ゴンゴンといいアタリがきて、19cmのキスと、ガッチョが釣れてきた。フグなどのエサ取りは掛からず、アタリがあればキスかガッチョだ。

次ページで最終釣果発表!