自宅の冷蔵庫で『魚の干物』を作る方法 近所の目を気にしなくてOK

朝食にも良し、お酒のアテにも良し、そんな万能選手がサカナの干物です。たくさん魚が釣れた時の保存法としても重宝します。今回は、室内で簡単に干物を作る方法をお伝えします。

(出典:PhotoAC)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

ベランダに干すスペースがなくても大丈夫

たくさんサカナを釣ってきたから家で干物を作りたい!

でも、
・「お家の中で魚を干すのはちょっと臭いが気になる」
・「そもそも干すスペースがない」
・「ベランダに干すのが恥ずかしい」
なんて事ありませんか?

そんな心配は無用です。

ご近所さんの視線が気になる方や、そもそも干すスペースがない方にもうってつけの方法があります。

必要なのは、干物に必要な材料と、おそらくどの家庭にもある家電『冷蔵庫』のみです。

冷蔵庫で干物を作る

都内にある「とある冷蔵庫」

干物は開いた魚を外に干して作るイメージが強いと思いますが、大事なのは魚の身が乾燥させられるかどうかということ。

冷蔵庫の中は非常に乾燥しており、実は干物作りに最適なんです。

思い出してください。

ラップをし忘れた食材が、翌日冷蔵庫の中でカピカピに乾燥してしまったことはありませんか?

今回はその原理を使って干物を作ります。

冷蔵庫が乾燥している2つの理由

冷蔵庫の中が乾燥するのには、2つの理由があります。

1つ目は、温度が低下すると飽和水蒸気量が小さくなること。

2つ目は、冷やされることで水分子が移動してしまうこと。

上記2点の理由によって、冷蔵庫内の食材は乾燥しやすくなります。この2点については下記で詳しく解説していきます。

①飽和水蒸気量について

「温度が低下すると飽和水蒸気量が小さくなること。」

つまりどういう事かと言うと、「気温が下がると、空気に溶け込める水分の量(湿度)が減り、空気が乾燥する」のです。

飽和水蒸気量とは「空気の中に溶け込める水分の量」の事を言います。

昔、理科の授業で習ったような習ってないような…。もっと簡単に言うと、気温(温度)ごとに空気に溶けられる水蒸気の量は決まっており、温度が下がると水蒸気の量も減っていきます。冷えることで溢れてしまった水蒸気は、まとまって水になります。

冬の窓が結露するのはまさにこの原理。そして、冷蔵庫には水蒸気を外部に放出する機能がついているので、結露するはずだった水分はドンドン冷蔵庫外に排出され、結果として庫内は乾燥していくというわけです。

(出典:PhotoAC)

②水分子の移動について

水は水分子が集まってできています。水分子には、温度の低い方へと移動するという性質があります。

冷蔵庫は食材に冷気を当てることによって冷やしています。

よって、庫内の食材は「外側から冷やされている」ということになり、結果として「食材内の水分は外側へ向かって移動する」ようになります。

この原理により、冷やされた食材からは、水分が失われていくという訳です。

これらの原理を応用して干物を作ってみよう

冷蔵庫内が乾燥する理由もわかったところで、早速、冷蔵庫で干物をつくてみましょう。

用意するもの

・魚の切り身
・塩
・ザル、バット
・食品用脱水シート(あれば尚良し)

手順①まずは魚の下処理

基本的にどんな魚でも干物にすることが出来きます。ですので、スーパーに並んでいるような魚ならどんな種類でもOK。

1匹丸々の場合は、まずは内臓を取ります。頭が必要ない方は取ってしまってもOK。腹開きでも、背開きでもいいので、縦に半分に開きましょう。

最初から切り身の場合はそのままで問題ありません。刺身用の冊の場合は分厚すぎると乾燥しにくいので、薄く切ると良いでしょう。

(出典:PhotoAC)

手順②魚の身に味をつける

準備した魚の身に塩味をけていきます。味の付け方は2通りあり、お好みの方法を選んでもらえればOK。

1.振り塩=直接塩を振りかける
2.立て塩=あらかじめ作った塩水に漬ける

立て塩で作る場合、魚の種類や脂ののり方によって、ちょうどいい塩分濃度や漬け時間は変わりますが、だいたい目安は5~15%(1リットルの水に塩を約50~150g)が無難でしょう。

漬ける時間は20分~1時間ですが、基本的に、脂が多い魚ほど味が付きやすく、脂が少ない魚ほど味が付きにくいため、色々な濃さで試行錯誤してみるといいでしょう。 

(出典:PhotoAC)

手順③余計な水分を取って冷蔵庫へ

魚の下準備が終わったら、魚の表面についた余計な水分をキッチンペーパーで拭き取りましょう。

水分があると乾燥もしにくいですが、何より、臭みの原因になる可能性があります。

しっかりと水分をとったら、食品用脱水シートがあれば魚の身に余すところなくぴっちりと包んであげましょう。

しっかりと包むことによって、旨味を身に残しながら、更に余分な水分と臭みを取り除いてくれます。

ここまでの下処理が終わったら、ザルやバットに重ならないように並べ(開いている場合は身側を上にする)、冷蔵庫へIN!

手順④半日待ったら完成!

(出典:PhotoAC)

完成後は早めに食べよう

干物に加工することで保存期間が延び、数日後まで美味しく食べられるようになります。また、余分な水分が抜けることで凝縮された旨味や食感を楽しめるでしょう。

しかし、あまり長期間保存することはおすすめできません。

一度作ったからと、ずっと寝かせてしまうと、せっかく凝縮した旨味もドンドンと逃げていってしまいます。

長くても一週間程度で食べきるのが望ましいでしょう。

冷蔵庫を使えばだれでも簡単に作れるので、ぜひ一度試してみてください!

<近藤 俊/TSURINEWS・サカナ研究所>