テンヤマダイ釣行でゲストも多彩にクーラー満タン【茨城県・長岡丸】

テンヤマダイ釣行でゲストも多彩にクーラー満タン【茨城県・長岡丸】

6月6日(木)、茨城県鹿島の長岡丸からテンヤマダイで釣行。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

長岡丸でテンヤマダイ釣行

右舷3人、左舷4人に分かれて乗り込んでタックルの準備。5時10分、長岡寿樹船長の操舵で出港、南沖の釣り場を目指す。天候は晴れ、無風状態で暑くなりそうだが、飲み物はたくさん用意しており対策は万全。

鏡のような海面を割るように進み、航程30分でスローダウンすると活エビが配られる。潮回りのあと「はい、いいですよ。水深26m。多少根掛かりがあるので注意してください」とアナウンス。エンジン流しでポイント上を探る。

エビの尾羽根をハサミで切り、そこから親バリを刺し入れ、エビの腰が折れず、まっすぐになるところでハリ先を腹側へ抜く。孫バリは頭部先端の横に掛ける。

テンヤを前方へ軽くキャスト。ミチイトがフワっとわずかにフケるときが着底のシグナル。イトフケを取り、ソフトにシャクり上げ、ゆっくり海面に戻して誘いをかける。ミチイトが前方に向けて斜めになると船を微速で調整してくれるので、垂直に立ち、とても釣りやすい。

テンヤマダイ釣行でゲストも多彩にクーラー満タン【茨城県・長岡丸】タックル例

船中ヒット連続

こまめに移動して探っていくうち、本命が上がり始める。右舷トモの三枝さんは流れるような竿さばきで立て続けに取り込む。「大原でテンヤが始まった当初からやっていますが、年数回しかやらないのでなかなか上達しません。」と、謙そんしていた。

テンヤマダイ釣行でゲストも多彩にクーラー満タン【茨城県・長岡丸】巧みな竿さばきでマダイゲット

多田さんは美しいフォームで、巧みな釣技を披露し、抜き上げていく。左舷胴の間に座る平子潤さんは「2年ほど前から始めました。もともとカワハギやショウサイフグのような繊細な釣りが好きで、この釣りも微細なアタリをとらえ、間髪入れずアワセから、ガツンとヒットしたときの快感がたまらずハマってしまいました。」とぞっこんの様子。

テンヤマダイ釣行でゲストも多彩にクーラー満タン【茨城県・長岡丸】巧みな釣技で本命キャッチ

さらに、隣で竿を振る原さんは美しい本命を取り込み「ルアーを長年やってきたけど、そのテクニックを生かせるので助かる。」と、言いながら魚を掲げてくれた。

テンヤマダイ釣行でゲストも多彩にクーラー満タン【茨城県・長岡丸】長年のテクニックを披露

多彩なゲストも

釣り座に戻り、誘いをかけるとフォール中にコツコツとアタリが到来。アワせると穂先は空を切る。久しぶりのため、タイミングが合わなかったようだ。巻き上げるとエビの頭だけが噛み切られていた。紛れもなくマダイだろう。

こまめに移動して、潮と風を読み、ときには船首からパラシュートアンカーを投入する。水深15mの浅場では、マダイ以外にカサゴやメバルなどの根魚がひん繁に顔を見せ楽しませてくれる。

左舷ミヨシで竿を振る小野寺良輔さんは目を見張るほどのカサゴを取り込んだ。足元のオケには、本命やソイ、ホウボウなど多彩な魚種がひしめいていた。誰もが十分楽しんだところで11時40分に沖上がり。

テンヤマダイ釣行でゲストも多彩にクーラー満タン【茨城県・長岡丸】大型カサゴを手中に

 

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。