LTアジ釣行で怒涛の24連発 一工夫で釣果に差【金沢八景・弁天屋】

LTアジ釣行で怒涛の24連発 一工夫で釣果に差【金沢八景・弁天屋】

5月末、東京湾金沢八景(瀬戸橋)の弁天屋からLTアジに釣行。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

弁天屋金沢八景弁天屋でLTアジ

4時過ぎに到着、船にクーラーを置いて釣り座を確保。買い物と仮眠をして、6時前に金沢八景の弁天屋に入る。いつも明るく出迎えてくれる名物女将や、本田和芳船長、若女将にあいさつして受け付けを済ませ船へ。

午前船、午後船、一日船と、様々なメニューで色々な魚種を狙える老舗宿は、ビギナーからベテランまで多くのファンがいて、この日もアジはもちろん、好調なシロギスやマダイ、新しいターゲットのマゴチなどを狙った釣り人が集結して朝から大盛況。

釣り座は先着順で、右舷大ドモから上杉さん、私、野村さんと並ぶ。

5月というのに、最高気温が30度を超える予報の暑い一日だったが、桟橋は微風で涼しく、絶好の釣り日和。

LTアジ釣行で怒涛の24連発 一工夫で釣果に差【金沢八景・弁天屋】多彩な釣り物で出船中

富岡沖の水深16mでスタート

定刻の7時15分、17人を乗せて森本直樹船長の操船で桟橋を離れる。ナギの海を快適クルージングで富岡沖に到着。入念な潮回りのあと「水深は16mです。タナは下底から2m。最近、アカクラゲが多く、仕掛けに触手がつくと釣れなくなりますので、必ずタオルなどで取り除いてください。その手で目などを触らないように注意しながらやってください。」とアナウンスのあと開始。

ライトビシにイワシミンチを軽く詰めて、3本バリの先バリに青イソメ、もう二つのハリには赤短を付け、底から1mで3回シャクって1m巻き上げ、2回シャクって止めてアタリを待つ。

すると、隣の野村さんが1投目から本命を上げ、上杉さんには嬉しいゲストのムシガレイがヒット。

LTアジ釣行で怒涛の24連発 一工夫で釣果に差【金沢八景・弁天屋】刺し身サイズの本命をゲット

24連続ヒット!

私の竿先にもキュンキュンと引き込む本命らしいアタリが出て、20cm級の食べごろサイズをキャッチ。船中でも竿が曲がり始めて好調なスタートとなったが、なかでも潮下でコマセの効く好位置にいた私は、空振りなしの24連続ヒットと怒とうの入れ食いを堪能。

LTアジ釣行で怒涛の24連発 一工夫で釣果に差【金沢八景・弁天屋】良型の入れ食いを堪能!

口が弱いアジ釣りに付きものの、抜き上げ時のバラシはあったが、開始早々に18尾をキープしすでに大満足。

同行者がダブルを連チャンしていたのでコツを聞くと、「下バリに食ったら、そのまま止めておけば食いますよ。」という。まねさせてもらうと一荷で気分は最高。

ひと工夫で釣果に差

しかし、9時ごろ潮が止まるとアタリが途絶え、船長は大きく移動。水深10mの浅場に向かうと、ここからは上杉さんのひとり舞台。なかなかアタリを出せず、せっかく掛かっても途中でバレてしまう食い渋りの時間帯を迎えた。

LTアジ釣行で怒涛の24連発 一工夫で釣果に差【金沢八景・弁天屋】ダブル連チャンで腕前を披露

それでも、彼だけは、丁寧な誘いや、ビシを目の細かいタイプに替えるなど、様々なパターンのローテーションで次々に大型をヒットさせていた。

初心者も満喫

そんななか、胴の間で嬉しそうな声が聞こえたので見にいくと、中村さんにエスコートされて初めての釣りに挑戦していた外岡さんが、記念すべき人生初魚を取り込んで大喜び。

良型アジを手に「船酔いで辛かったんですが、1尾釣れたら治っちゃいました。」と、満面の笑みで写真を撮らせてくれた。

このあと、平均的に良型が上がりだして、なんとか追釣。10時55分に沖上がり。

<週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘/TSURINEWS編>

▼この船について
弁天屋(べんてんや)
エリア:東京湾(横浜)エリア
出船港:金沢八景

LTアジ釣行で怒涛の24連発 一工夫で釣果に差【金沢八景・弁天屋】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年6月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。