磯からの投げ釣りで50cm超えマダイにキビレ!【長崎県・飛島】

5月前半、釣友の羽良さんと長崎県松浦市の飛島へ投げ釣りにでかけた。当日のターゲットは、マダイとハシリのキスである。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

飛島で投げ釣り

飯塚市を午前10時すぎに出発し、佐賀県唐津市の晴気港までは、福岡都市高速~西九州自動車道を利用した。その途中で昼食を済ませエサ・氷などを購入して、お世話になる隆盛丸の渡船場に到着したのは午後3時前。

到着後、すぐに船へ荷物を積み込み出港して、飛島の北面に位置する平たい瀬に上がった。

周りに釣り人はおらず広範囲を狙える好条件。また足場も良く、過去に良型キスを釣った場所でもあり、期待十分でタックル準備に取りかかった。

まずはキス狙いで仕掛けを組上げ、3時半ごろから右側のワンドを攻めてみることにした。

今回のポイント

置き竿に19.5cmキス

潮は上げ始めの中、つけエサの青ケブは小ぶりなものを1匹掛けにして仕掛けを投入。イトフケを巻き取り、約3色半(1色=25m)の所から探ってみた。

今回のタックル図

仕掛けをサオで3mほどサビいて(引っ張って)10秒くらい止め、サビいた分だけ巻き取る方法を繰り返した。本命がいれば早い段階で食ってくるのだが、1色半まで探っても魚信はなく、ドラグを緩めて置きザオにした。

そして、夕マヅメからのマダイ狙いのタックルを組んでいると、ドラグを滑らすアタリがあり19.5cmのキスがヒット。

一方の羽良さんも手の平大と足裏クラスの小ダイをキープ。

40cm超えマダイ!

4時を回ったころ、左側のワンドを攻めていた羽良さんの仕掛けに、サオ尻を浮かす大きなアタリ!危うくサオを持っていかれそうになったが、何とか間に合いやり取り開始。ライトタックルがきれいに弧を描き、獲物を寄せてくる。

やがて海面に姿を現したのはマダイで、タモですくい40.5cmをゲット。

この1尾に2人ともボルテージが上がり、本格的にマダイに照準を合わせることにした。つけエサは本虫を使用し、合計6本のマダイ仕掛けを広範囲に投入。なお、キス用タックルは1本ずつとした。

5時半ごろ、羽良さんに足裏クラスの小ダイがヒットし、続けて投げ釣りでは珍しいマアジ24cmもゲット。さらにキス仕掛けにメバル21cmとキス21cmがダブルヒットするなど、多彩な釣果はうらやましい限りだ。

サイズアップで50cm超え!

6時半ごろ、右側正面に遠投し、ドラグフリーにしていた羽良さんのマダイタックルがアタリをとらえた。

「ジャ~~!」と勢いよくラインが引き出される中、羽根さんは愛竿を手に取りツインドラグをフルロックし、大きくアワセを入れると獲物は掛かった。手応えは十分なようで、良型本命であることは一目瞭然だ。太仕掛けに物を言わせて、魚を浮かせにかかった。

タモに収まったのは本命マダイ50.4cmで、大バリがジゴクを貫いていた。

50.4cmの大ダイ

クーラーが重たくなった羽良さんは、本命が釣れた場所を譲ってくれた。今度は自分の番だと、夕マヅメのゴールデンタイムの中、仕掛けを遠投。しかし、なぜか根掛かりの連発で心がくじけそうになった。

やがて日は暮れ魚信は途絶えた。

9時半ごろ、左正面に投げていた羽良さんのサオに良型のマダコがヒット。
そして、11時半にテントの中で就寝。

次のページで翌日の釣行スタート