投げ釣りでシロギス6尾にカワハギも スロー誘いが吉【静岡・熱海港】

投げ釣りでシロギス6尾にカワハギも スロー誘いが吉【静岡・熱海港】

5月20日(月)、低気圧の影響で、前々日から波が高い状態が続いている。西湘海岸は、シロギス狙いの投げ釣りができる状態ではないので、静岡の熱海港へ釣行した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

熱海港で投げ釣り

今年は水温の上昇が鈍く、シロギスの接岸が読めない。ところが、5月中旬だというのに、神奈川の国府津海岸には、早くも青物が回遊し始めて、タチウオほかサバを中心に、ワカシまで上がって、例年にない早いスタート。

熱海港に4時に到着すると、岸壁には通し夜釣りの人がかなり多い。ほとんどの人が活アジを泳がせたアオリイカ狙いなので、邪魔にならないよう、左端付近に釣り座を構えた。

タックルは、4mの並継ぎ竿に専用リール、天ビンはL型固定27号、ハリ7号4本バリ仕掛け。エサはジャリメと東京スナメを使用した。

投げ釣りでシロギス6尾にカワハギも スロー誘いが吉【静岡・熱海港】熱海港の様子

待ちからのスロー誘いで本命

4時半に1投目を正面6色に投入。着底したらゆっくりとサビいてみる。5色まで1色間を探ってみたがアタリなし。エサ確認のため、巻き上げると変化なし。

2投目は6色で少し待ってから、そーっと聞いてみた。すると、プルンとアタリがあり、1尾目のキスが釣れてきた。

「きょうのヒットパターンは、待ちからのスロー誘いだな」と感じ、この釣り方を実践すると、投入のたびにアタリはあるが、ハリ掛かりしない。

ハリサイズ変更が吉

しかし、エサが引っ張られたり、かじられているので、魚がいないわけではなさそうだ。

「ハリが大きすぎるのではないか」と考え、5号に落としてみる。すると、これが正解だったのか2連を含め、ポツポツと掛かるようになったが型はよくない。

投げ釣りでシロギス6尾にカワハギも スロー誘いが吉【静岡・熱海港】試行錯誤して本命をゲット

ゲストに良型のベラ

7時を過ぎると、完全にアタリが消える。

そこで、投げる方向や距離を変えるがダメ。唯一、右方向の根際でヒメジが釣れてきたので、その周囲をダメ元で攻めてみる。

すると、仕掛けがナジんだ頃、竿の手元から一気に引っ張られるアタリ。本命ではなさそうだが、足元まで寄せると、天ビンの後方に緑色の魚体が見えてきた。一瞬、「なに?」と思ったが、良型のベラだった。

次ページで最終釣果発表!