ビギナー対象『マルイカ教室』へ参加 初体験でも全員安打【神奈川県】

ビギナー対象『マルイカ教室』へ参加 初体験でも全員安打【神奈川県】

5月20日(月)フィッシング相模屋主催のビギナー対象の講習会「マルイカ教室」に参加しました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

初心者向けマルイカ教室

この「マルイカ教室」は初心者が中心なので小規模での開催。

この日は朝から風が吹き、徐々に強まり、午後には雨が降る予報。そのため釣り人が少なく、幸いなことに乗合船は貸し切り状態。参加者6人中、4人がビギナーで、FMヨコハマ・ザバーンのDJ・井手大介さんが参加。

マルイカ釣り2年ぶりにして2回目の挑戦。私も竿を出させてもらいました。

マルイカの釣り方

6時出船。井出さんは右舷ミヨシで、私はその隣。2年前の記憶をたどって、釣り方を忘れてしまったという井手さんにアドバイス。

「オモリ着底後、すぐにタタキをいれてしまうとイカがビックリしてしまうので、まずオモリを少し浮かせてアタリを待ってみて下さい」と、説明しながら自分でも釣り方を思いだします。

参加者へは同店スタッフの平賀さんがレクチャー。誘いやアタリ方などを教えていました。

ビギナー対象『マルイカ教室』へ参加 初体験でも全員安打【神奈川県】当日のタックル

朝イチから乗り活発

航程約10分で最初のポイント到着。船長の合図で一斉にオモリを投げ込みます。

イカ釣りは、いち早くオモリを投入することが大事。遅れてしまうと不利になり、もし乗船人数が多かった場合はオマツリの原因にもなります。

オモリ着底後、素早くイトフケを取り3秒アタリを待ちます。

すると、「おっ、乗ったかも!」と井手さん。テンションをキープしたまま慎重に巻き上げると、なんと、ムギイカとマルイカのダブル。1投目、しかも着乗りで誰よりも早く本命をキャッチ。

ビギナー対象『マルイカ教室』へ参加 初体験でも全員安打【神奈川県】朝一のラッシュで井手さん連発

朝イチの反応はよく、私も毎投アタリっきりでしたが、直結仕掛けに慣れていないので、掛けても巻き上げ途中にバレてしまったり、おそらく取り込みの際にもバラしていました。

ビギナー対象『マルイカ教室』へ参加 初体験でも全員安打【神奈川県】辰巳さん初めてムギイカをキャッチ!

特製仕掛けでムギイカも

平賀さん特製仕掛けは、連日ムギイカの釣果が高かったので、プラヅノを2本加え、ムギイカも狙えるような仕様。

ツレヅレ針11cmをスッテのスナップが使えるように加工したもので、カラーはグリーンとマリンブルーの2色。上2本がプラヅノでスッテが5本の7本仕掛け。使いやすさを考慮して枝間は1m。

ビギナー対象『マルイカ教室』へ参加 初体験でも全員安打【神奈川県】繊細なアタリを楽しんだ相原さん

マルイカのアタリは繊細

初めてマルイカ釣りをする人は、マルイカの繊細なアタリに苦戦。私も分かりませんでした。

この繊細なアタリがよく分からないという井手さんは、違和感があったらまめに巻き上げて確認していました。私がアタリをモノにできない間に本命を追釣。私は開始から30分、しっかり抱かせることができて、ようやくムギイカをキャッチ。

ビギナー対象『マルイカ教室』へ参加 初体験でも全員安打【神奈川県】初ムギイカに喜ぶ佐々木さん

コツつかめば連発

ここからムギの一荷や極小~良型のマルイカがヒット。アタリは繊細ですが、大きくなればなるほど、掛けたときの重量感はしっかり伝わります。

ビギナー対象『マルイカ教室』へ参加 初体験でも全員安打【神奈川県】良型マルイカの引きは最高

予報に反し、晴れ間が見え、風が吹いて涼しいくらい。しかし、徐々に波は高くなり、ビギナーにはアタリが取りにくい状況になっていきます。同時に朝の高活性は9時半頃終了。

次のページで最終釣果発表