タイラバで75cm桜ダイにスーパーライトジギングでブリ!【福井県】

5月前半に福井県坂井市三国港の神海丸でタイラバゲームを楽しんできた。また当日は75cmのマダイもあがった。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当の状況

また夜も明けきらない午前5時に出船。メンバーは地元の釣友と私が所属している釣り仲間。当日はあいにくの雨で少々肌寒い。

30分ほど走り、ポイントに到着。緊張の第1投、水深は80mでタイラバ90gを投入した。

出船前の様子

50cm桜ダイから

「ヒット!」の声は次郎さん。20巻きした少々上でアタッたようだ。上がったのは50cmのきれいな桜ダイ。令和最初の魚だ。その後は全員アタリすらない沈黙が続く。

鷹巣沖では、この日からマダイのフカセ釣りが解禁となり、この近辺のマダイは皆オキアミに夢中なのだろうか。気温も15度までなかなか上がらず、2日間降った冷たい雨の影響なのか。4月末に雪が降る所もあったそうだ。

色鮮やかな桜ダイをゲット

スーパーライトジギングでアオハタ

誰もタイラバで反応がないので、さらに広範囲を探ろうとジャックアイTGアカキンの40gでSLJ(スーパーライドジギング)にサオを持ち替える。すると私にもヒット!しかし重さはあるものの、タイ特有の引きがない。上げてみると40cmのアオハタだった。外道ではあるがうれしいゲストだ。

おいしいアオハタ40㎝

良型ブリとガチンコファイト!

タイラバよりもジグに反応するこの日、山村さんもジャックアイTGアカキン100gに替えた途端に、一瞬フワンとイトフケができてフォールでヒット。これがなかなかのファイトで、船中を引きずり回す。「やまぴーファイト!」の声援を受けて、ミヨシからトモに少しずつ移動しながらガチンコファイトを展開する山村さん。

ビックヒットで竿がしなる!

オマツリをしてはならないので全員サオを上げて息をのみ、無事に上がってくるのを見守る。10分はかかっただろうか、水中に大きなシルエット。「ブリや!」と船長が無事ネットイン。「おめでとう!」船内は祝福の声に包まれた。PE0.8号、リーダー4号でよく上がったものだ。

良型ブリにニッコリ

ラスト流しで75cm腹パン桜ダイ

その後はフグが釣れたり、カサゴが釣れたりと本命になかなか出会えない。船長が「最後のひと流しです」とアナウンス。さぁ、最後は誰に奇跡が起こるのかと投入。すると、トモで釣っていた中野さんがタイラバ、フリースライドのオレキンでヒット!渋いなかでのヒット、慎重に巻き上げる。魚体が見え、ゆっくりと上がってくる。無事ランディング。

やった!皆の祝福を浴びながら計測したら、75cmの見事な腹パン桜ダイ、当日の三国での最大だった。

値千金の75㎝マダイ

実は最後のひと流し前、まだ1匹も釣れていなかった中野さんが、気落ちしたかのように他のタックルを片づけている姿を私は見ていた。

最後の最後でヒットしたのが無双真鯛フリースライドだったことがとてもうれしかったが、粘った末に見事に釣り上げた中野さんの集中力には感服した。

タイラバやろうぜ!

私はアオハタ1匹で終わったけど、暖かくなるにつれて水温も上がり、釣果に恵まれるだろう。船長の藤田さんもますます期待できると太鼓判。釣り中も楽しい会話で、いい雰囲気に包まれた。乗っ込みマダイ、これからますます期待できるタイラバゲームに三国へと繰り出してみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・川森慶/TSURINEWS編>

▼この釣り船ついて
神海丸
出船港:三国港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年5月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。