ウキダンゴ釣り本命クロダイ顔見せ エサ取り猛攻に苦戦【静岡・西浦】

ウキダンゴ釣り本命クロダイ顔見せ エサ取り猛攻に苦戦【静岡・西浦】

5月前半、静岡沼津の西浦へクロダイ釣行。フカセ釣りで以前つれたので今回は、ダンゴ釣りで挑戦。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

波止でウキダンゴ釣り

潮回りは中潮で、9時半近くが満潮。下げ狙いで、自宅を8時に出発、釣り場には9時に到着する。

以前、堤防外側のフカセ釣りでヒットさせたが、内側を狙うのは初めて。エサ取り対策のため、ウキダンゴ釣りを行う。

ウキダンゴX1袋に、チヌパワー、細引きサナギ、アミ姫などを少量ブレンドしてダンゴを作る。付けエサはオキアミ、練りエサにサナギ、コーンを用意。

仕掛けは、竿1号5mに2500番のLB(レバーブレーキ)リール、ミチイトナイロン2号ハリス1.5号、ハリはチヌ2号に自作ウキ。

小サバにボラ・・・

ウキダンゴ釣り本命クロダイ顔見せ エサ取り猛攻に苦戦【静岡・西浦】これまでとは違った引きを味わった

ポイントを見極めて水深を丹念に測る。海底は砂地で、所どころ捨て石が入っている。ウキ下を5mにセット。

底トントンの状態で、付けエサにはオキアミでスタート。釣り座から約15mほど先にダンゴを投入。着底して、ウキトップの頭が海面スレスレに見える。

やがて、崩壊してトップが出ると、1投目からエサ取りの小サバ。「これはマズい」と考え、タナを深くはわせ気味にして、付けエサを練りエサにチェンジ。数投後にベラとフグが掛かる。

時間ばかりが過ぎていき、干潮間際に本命らしきアタリを捉えたがボラでがっかり。

干潮間際に本命ヒット

気を取り直して次を投入すると、今までとは違う引き。慎重にやりとりの末、無事タモに収めたのは、35cm級のクロダイ。

このあと、追加を狙って手返しよく攻めたが、この日は、この1尾で納竿。次回のリベンジを考えながら、釣り場の清掃をして、帰路に就いた。

<週刊つりニュース関東版APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
静岡沼津の西浦周辺
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年5月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。